2006年07月17日

日本沈没

nihon tinbotu-5.jpg'73年版オリジナルの『日本沈没』懐かしいですねー。
何気に想いだすのは・・・
んぎゃ〜藤岡弘の濃いお顔に・・・
ラスト、シベリア行きの列車に毛布を被り、うずくまるように乗っていた、いしだあゆみ。
小林桂樹の田所博士だったか、総理大臣役の丹波哲郎だったか・・・
いや政界の黒幕みたいな島田正吾だったかの・・・
「母なる日本列島に育まれた子供のような日本人が、母なる日本を失い他国で生きられるのか?」
というような日本人をわが子供のように憂う、父親のようなお言葉。
当時としては渾身の特撮シーン、日本列島が沈み行く様も怖かったですが、
日本人は・・・わたしは・・・果たして難民となって生きていけるのか?
なんてことを初めて考えさせられた作品でもありました。

nihon tinbotu-4.jpgさて、あれから32年余りが過ぎ、まだ日本は沈没していませんが・・・(^^;v
『ゴジラ』『ガメラ』シリーズの特撮、『ローレライ』の樋口監督がリメイクした今作は・・・
なんつ〜か、ラストも原作とはかけ離れて、あきらめの境地のオリジナルよりはプラス思考!?
草なぎ剛&柴崎コウの恋愛劇、田所博士役だって豊川悦司だってか?の若返り路線。
でも何だか儚く感じましたね〜映画そのものは・・ふらふら
しかしまぁ、阪神淡路大震災を絡せた部分、所々リアルな震災における人々の避難の模様等々、
やはりあれから様々な天変地異や何が起こるかわからない現代の情勢なんかを感じる恐怖の部分、
ストーリーには突っ込みながらも、それなりに楽しめる作品にはなっていたとは思います。
とにかく、樋口監督はオリジナルにとても敬意を表していることから、
右斜め上のチラシのタイトルロゴもそっくりです。^^



若干ネタバレな続きを読む
posted by ラクサナ at 23:20 | Comment(9) | TrackBack(2) | 2006年 7月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。