2006年07月24日

幸せのポートレート

FAMILY STONE.jpg


『SEX and the CITY』のサラ・ジェシカ・パーカー主演のハートフル・コメディというフレコミで・・・予告の雰囲気が良く、だいたい話の筋は想像できる感じだけれど、まずはキャストが豪華だし、なかなか楽しめて染み入りそうな作品だと思い鑑賞してきました。

んがっ!やはり予告だけでは判らないのも映画。

期待通り、それぞれの演技はなかなか見ごたえはあり、それなりに楽しめるかもしれないのですが・・・
そうですね〜クリスマスの時期のお話なんですけど、梅雨時に観てしまった。
それと同じぐらい違和感を感じるこのお話、どうにもこうにも微妙というか、私にはついていけないお話なり。がく〜(落胆した顔)
続きを読む
posted by ラクサナ at 16:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | 2006年 7月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。