2006年07月27日

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

Davy_jones-Bill Nighy.jpg

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から3年、待望の2作目を鑑賞してきました。
ジョニデのジャック・スパロウ船長!
予告の一部で、何度も「Welcome aboard!」と呼びかけて頂いて有難うござんす!
やっと、乗船させて頂くことができました!(笑)

いや〜ん!ジャック・スパロウ船長は相変わらず・・・っというか、
また一段と面白くおなりになって、彼の見所は満載、素敵でしたねぇ〜exclamation揺れるハート

しかしながら・・・このお話の方、実は大ヒットした前作でも微妙に思ったことなんですが・・・
それほど、そんなに、面白いですかexclamation&question

いやいや、でも前作は確かに面白かった。
胸のすくようなシーンもあり、ちょっと長めでしたけど、ストーリーもシンプルで、実はストーリー的には脇役であったであろうジャック・スパロウの飄々とした、過去に例を見ない魅力に圧倒されるという、
続編もにおわせながらの一話完結の楽しいアトラクション海賊映画になってました。

そして続編であるこの『デッドマンズ・チェスト』なんですが、
前作の勢いをかって、完璧な次回へのつなぎの作品。
しかも前作を観ていないとまるで入っていけない作り方。
こういった作品に、そんな恐れを知らない作り方ってありなのかなぁ〜?
しかも随分平坦で、退屈なストーリー展開は、また必要以上に余計な部分が入り乱れ、
上映時間は前作よりも長い151分exclamation
でも、確かにその分、前述したジャック・スパロウの楽しいシーンが観られて良かったかもしれないのですが・・・。わーい(嬉しい顔)

続きを読む
posted by ラクサナ at 14:34 | Comment(11) | TrackBack(1) | 2006年 7月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。