2006年07月31日

サウンド・オブ・サンダー

Sound of Thunder.jpg

レンタルDVDにて鑑賞。

『華氏451』のレイ・ブラッドベリ原作の短編小説をピーター・ハイアムズ監督が映画化。

これは・・・非常に災難被りまくりの映画製作だったらしいですね。
当初は、レニー・ハーリン監督、ピアーズ・プロズナン主演で製作する予定が、両名とも降板。
仕切りなおして、ピーター・ハイアムズ監督、エドワード・バーンズ主演で製作が開始されたが、資金繰りでプロダクションが倒産。
2002年夏のヨーロッパの水害により、チェコでの大規模なセットは倒壊!?
やっと集めた制作費の殆ども水の泡バッド(下向き矢印)
何度も公開が延期され、やっとこさ米では2004年の秋に公開されるも、やっぱりコケまくり・・・。ふらふら
日本でも今年の春先に細々と公開されていて、ちょっと興味を惹かれましたが・・・見逃しました。

まぁ〜それでも悲惨ですよね。
そんな状況でも、公開にこぎつけたピーター監督のど根性には頭が下がります。
ブラッドベリ原作のこの作品の内容は・・・
「過去を変えた人類に未来はあるのか?」なんてものなんですが・・・
この映画の過去は、何が、誰が、こんな風に変えたんでしょうかねexclamation&question(呪;)
そっちの方が気になります・・・。がく〜(落胆した顔)

そんなことも踏まえて、おうちのTVで観たところ・・・
私的には、これがなかなか面白い!
やはりCG等はかなりショボくて、大きな世界観が小さく回っております。
でも元々ストーリーはしっかりしているし、なかなかウマく纏めて、昔のTVのSFもの感覚で突っ込みながら観れば、そのチープさも愛おしいかもふらふら揺れるハート(笑;)

続きを読む
posted by ラクサナ at 10:43 | Comment(8) | TrackBack(2) | 2006年ビデオ&DVD鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。