2006年08月10日

ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男

stoned.jpg

27歳で急逝したブライアン・ジョーンズの死の謎を、映画にも出てくる当時のマネージャー、トム・キーロック等の協力も得て、10年に及ぶリサーチの上、作り上げたフィクション。
ビートルズと、その結成時のメンバーであったスチュアート・サトクリフの関わりを描いた『バック・ビート』や、ニール・ジョーダン監督作など、数々の映画製作に名を連ねる、スティーヴン・ウーリーの初監督作品。

Brian.bmpブライアン・ジョーンズ 、 ローリング・ストーンズの創設者、初期のストーンズのリーダー。
金髪のマッシュルームカットにファッション性、アコースティックなスライドギターの巧みさ、数々の楽器をこなすカリスマ的存在。
その後にジミー・ヘンドリックス、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、マーク・ボラン、カート・コバーン・・等々・・・っと続くロックスターの死、陰の部分の先駆者。
そんなイメージでしょうか・・・ブライアン・ジョーンズ。
ストーンズの初期のナンバーからも、彼は作曲をしないことから、私的ににはとにかく死のイメージだけが濃く、謎の存在でもありましたね。


Stones67.jpg

続きを読む


posted by ラクサナ at 08:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2006年 8月映画鑑賞作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。