2006年08月20日

太陽

TAIYOU.jpg

ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が、歴史上の人物を描く4部作のうち、ヒトラーの『モレク神』、レーニンの『牡牛座』に続く3作目、昭和天皇ヒロヒトを描いた『太陽(ソンツェ)』。
ロシア本国では最優秀映画賞を受賞したり、各国で絶賛されながら、あわや日本ではお蔵入りか?っと危ぶまれた話題の公開作品。

いや〜名古屋でも今月5日から公開になったものの、モチロン単館上映で、お盆過ぎにはモーニングとレイトショーの二回上映になっていた今作。
そろそろ空いてるかな?っと思って出かけたけれど、日曜のモーニングショーだけにやはり混んでいましたね〜!
30分以上前に入ったけれど、狭い劇場内のイビツな壁際で、簡易折りたたみ椅子で首を伸ばして(汗;)の鑑賞となりました。
それでもたくさんの立ち見が出ていたから、ラッキーな方でしょうか?東京の銀座シネパトス辺りじゃ大変な混雑だったようですもんね。

人間、昭和天皇をイッセー尾形が演じるということだけど、ソクーロフ監督のロシア映画ということもあって、実は途中でいつものオネム病が出ちゃうんじゃないかと心配でしたが・・・・
いや、これは良かった、面白かったですね。
この歳で、まさかロシア映画によって昭和天皇の人間性にほのぼのとしたり、涙したりさせられるとは思いませんでした。

日いずる国の天子、人間であるのに神として崇められ、神と崇められても神のような決定権も与えられず・・・
ただただ偶像化されるのみの生身の人間、どの国の王や権力者とも違う彼の苦悩とは如何に?

「生きながらにして、神であるとはどういう気分ですか?」
んなこと聞くなっ、マッカーサー!って感じです・・・。あせあせ(飛び散る汗)晴れ
続きを読む


posted by ラクサナ at 22:41 | Comment(12) | TrackBack(11) | 2006年 8月映画鑑賞作品
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。