2006年10月23日

グローリー・ロード

Glory_Wallpaper2_800.jpg

1997年にバスケットボールの殿堂入りを果たした実在の名コーチ、ドン・ハギンズのベストセラー自叙伝「Glory Road」からの映画化。
未公開作品。

1960年代、当時の大学バスケットボール界が白人を中心としたものであり、如何に優れた能力のある選手でも、黒人選手は1試合最大で3名までしか出場させない暗黙のルールがあった。
そんな中、マイナーリーグのテキサス・ウエスタン大学のコーチに新任したドン・ハギンズが、人種差別の蔓延る中を、自らスカウトした黒人選手を率い、当時NCAAでトップの座を誇るケンタッキー大学と闘い、優勝を勝ち取るまでのドラマ。
彼らのこの決勝戦での対決は、NCAAのバスケットボールのみならずスポーツ史上、最も重要な試合と後に語られる。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。