2006年10月31日

西瓜

suika.jpg冒頭、いきなりのスケベシーン全開に仰け反る!

それでも・・・
ああ、こんなにも純愛(プラトニック)。
男も女もつらいよexclamation楽しいよるんるん喉が渇くよ晴れAV男優編exclamation&question


『楽日』に続く、ツァイ・ミンリャン監督作、同日2本目の観賞です。

主人公のリー・カーション演じる男性がAV俳優という設定から、随所に過激な性描写が描かれて、本国でも審査の基準を巡って社会的な論議が巻き起こり、結果的に年間興行収入第1位を記録する大ヒットとなったそうである。
2005年のベルリン映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)受賞作。

続きを読む
posted by ラクサナ at 21:38 | Comment(5) | TrackBack(1) | 2006年10月映画鑑賞作品

楽日

rakubi-1.jpg台北に実在する古い映画館「福和大戯院」。
その劇場が閉館すると聞いて、ツァイ・ミンリャン監督が自ら脚本を書き、「閉館する映画館の巨大なスクリーンに最もふさわしい」映画としてキン・フー監督の武侠映画の傑作『龍門客棧』の上映許可を得て、今まさに閉館しようとしている映画館への追悼と思い入れをタップリに描いた作品。

そして・・・ヴェネチア映画祭での上映時、終盤に客席で起こった二通りのハプニング。

何かの間違いか?といぶかしむ観客。がく〜(落胆した顔)
不動のスクリーンに感動して涙する観客。もうやだ〜(悲しい顔)

この客席での反応、うまくこの作品の感想を表していると思う。
(多分、寝てる観客も少しはいそう・・・ 爆;)
観賞して、どちらの気持ちも良く判る・・・。

涙こそ出なかったけれど・・・・
都こんぶのスッパイような・・・すえた古い映画館でのあの臭い・・・
台北と日本、所変われども・・・
消えゆく映画館への慕情をタップリ感じさせて貰いました。


続きを読む
posted by ラクサナ at 19:36 | Comment(11) | TrackBack(1) | 2006年10月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。