2006年12月13日

unknown アンノウン

Unknown.jpg
いや、なかなか評判どおり面白い設定の作品でした。

『SAW』を思わせる冒頭のお目覚めのシーン。晴れ
次には誰もが記憶を失っているという設定。
そして、自分は被害者なのか?加害者なのか?
男5人、生き残りをかけてのサバイバル・サスペンス。ダッシュ(走り出すさま)

ディセント程のショックは無いものの・・・(笑;)
心理サスペンスとして85分間、ちょっと強引なストーリーではありますが・・
ハラハラドキドキ、アレレレレ・・・っと楽しめました♪

ところでこの5人の中には、二人もJESUSがいるんですよね。
アーメン!がく〜(落胆した顔)



続きを読む
posted by ラクサナ at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2006年 12月映画鑑賞作品

アークエンジェル

Archangel.jpg
ロバート・ハリスの原作「アルハンゲリスクの亡霊」から英BBCがTVM化した未公開作品。
お猿さんボンドを追え・・・ということで新作レンタルDVDにて観賞。(笑;)

原作は未読ですが、ロバート・ハリス原作の作品は『エニグマ』がありましたよね。
ミック・ジャガーが製作&ちょい出していたダグレイ・スコット主演の暗号解読に纏わるサスペンス、なかなか面白かった記憶です。

さて、コチラの『アークエンジェル』は、スターリンに纏わる謎を追うサスペンス。
主演のダニエル・クレイグは、謎を追う歴史学者として登場。
何やらスターリンが残した一冊の“スターリン・ノート”なるものの存在から、荒唐無稽な・・・しかしエニグマ程は難解ではない謎が・・・
「だからどうなんだ?」という感じで、面白く観賞できました。

何より・・・
やはりクレイグが、かっちょイイexclamation×2

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。