2007年06月19日

毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト

Fur.JPGフリークスたち(性倒錯者やヌーディスト、身体的に欠陥を持った異型の人たちなど)を被写体にドキュメンタリー写真の異才と呼ばれた女流写真家ダイアン・アンバースの内なる目覚めをモチーフに、独自の視点から描き出した異色のドラマ。

『セクレタリー』のスティーヴン・シャインバーグ監督作ってことで、楽しみな作品ではありましたが・・・
奇妙なラブストーリーとしては楽しめる作品だけど、稀有な芸術家の誕生逸話としては説得力に欠けますかな。

一言で言うと感想は・・・
毛深いお兄さんは好きですか?
不謹慎でゴメンナサイ!ふらふら




続きを読む
posted by ラクサナ at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年 6月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。