2007年07月24日

プロヴァンスの贈りもの

a good year.JPG試写会にて鑑賞、公開は8月4日。

きゃ〜久しぶりに出くわしたクマゴロー、プロヴァンスに出没中爆弾・・・exclamationの巻。(笑)

「南仏プロヴァンスの12か月」のピーター・メイルとリドリー・スコットが旧知の仲だったことから、映画化となった作品。
はぁ〜こんな作品でも、リドリー・スコットはラッセル・クロウを主演に置くんですねぇ。
しかも、予告でも驚いたけど、ラッセルの少年時代を演じるのが『チャーリーとチョコレート工場』のフレディ・ハイモア君。
どう考えてもありぇねぇ〜!がく〜(落胆した顔)
アノ子がラッセル熊さんになるなんて・・・

などと思いながらの鑑賞でしたが・・・
いや、コレは面白かったです。バー
コメディですね、これexclamation&question





続きを読む
posted by ラクサナ at 22:58 | Comment(13) | TrackBack(1) | 2007年 7月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。