2007年09月26日

酔いどれ詩人になるまえに

factotum.JPG米じゃ、ちょっと通好みのカルトな無頼作家チャールズ・ブコウスキーが、作家として一人前になる前の修行時代(どんな修行やねん!? ふらふら爆;)を描いた自伝的小説「勝手に生きろ!」を基にした作品。
監督は『キッチン・ストーリー』のベント・ハーメルなんですね。

ブコウスキーの作品は、短編集の表題である「町でいちばんの美女」を読んでみましたが・・・
これに限って言えば、なかなかジャンクな中にも美しさや透明感を感じる物語でした。
そんな作家である主人公を演じるのがマット・ディロンということで、速攻鑑賞exclamation

酒と煙草を浴びるほど喰らい、自堕落な生活をおくるダメダメ男と女の話でも、な〜んか、えらく余裕を感じちゃう内容でした。
アートな物、絵にしても書く物にしても、そういった物を生み出す人間ってのは、心に余裕が無ければダメexclamation&question
生活に困窮しようが酒に溺れようが・・・どっか違うんだろな。
ってか困ってない気がするんですよね〜凡人にはねぇ。(笑;)

そんなところを、マット・ディロンが汚れ中年ながらも、どことなく持ち前の少年っぽさを匂わせて・・・
甘くウマく演じている気がしましたけど・・・ちょっとキレイ過ぎるかな?(^^;


続きを読む
posted by ラクサナ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 9月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。