2006年02月27日

ホテル・ルワンダ

HOTEL RWANDA8.jpg1994年にルワンダで起こった大量虐殺事件を背景として、ルワンダのホテルに勤めていた一人の男ポール・ルセサバギナの良心と勇気が、1200人あまりもの人の命を救った真実の物語。
昨年度アカデミー賞主要3部門にノミネートを果たした作品でありながら、日本では興行的見通しが無いとされ、未公開が余儀なくされようとしていたが、「日本の映画館でホテル・ルワンダを見たい!」という映画ファンの思いから「ホテル・ルワンダ日本公開を求める会」が発足して、ネットによる署名運動等の活動により公開が実現した作品。

私としては、昨年度のアカデミー授賞式のドン・チードルの主演男優賞ノミネート作品として紹介された時から、非常に見たかった作品。

劇場で観られたことを、同じ映画ファンとして行動を起して頂いた『ホテル・ルワンダ日本公開を求める会』に、心から感謝の意を表したい!

HOTEL RWANDA9.jpg
現在は公開が決定して「『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会」になっています。



本当にやっと観られて嬉しい限り・・・とも言ってられない。
言葉を失うようなシーンの連続に、極度の緊張感と言いようの無い虚脱感をも感じる、現実の惨さと一人の男の葛藤と武器無き闘いに、涙腺は緩みっぱなしで、ハンカチもグッショリ。。。。
観て知ることに大きな意義のある作品であることは勿論、感動的で素晴らしい作品でありながら、二度とこのような映画が作られないことを祈ると共に、対岸の火事では済まされない同じ人間としての戒めの思いを肌で感じる2時間でありました。



HOTEL RWANDA_edited.jpg1944年、ルワンダの首都キガリのベルギー系高級ホテル、ミル・コリンで働くポール(ドン・チードル)は、高価な酒や1本1万フランもする葉巻を独自のルートで仕入れ、ホテルのゲストたちを満足させる有能な支配人であった。
そんな中、多数派のフツ族と少数派のツチ族が争うルワンダでは、3年間続いた内戦がようやく終息し、和平協定が結ばれようとしていたが・・・
その事とは相反し、フツ族の民兵グループが町を威圧的に練り歩き、市内は不穏な空気に溢れていた。
家庭では良き父親であるポールは、その日もホテルでの仕事に向かうが「フツ族の民兵によるツチ族の虐殺が進行しつつある」という噂を聞き、我が耳を疑う。実はポールはフツ族で、愛する妻はツチ族であったのだ。
そしてフツ族の大統領の暗殺という不可解な事態から、時は一瞬にしてルワンダ市内を大虐殺の修羅場へと変えていく・・・。
家族を引き連れホテルで立てこもるポールは、フツ族の虐殺から逃れ、行き場の無い人々をもホテルの客として迎えるのだが・・・・。

この映画の主人公ポールを観て浮かんだのが、昨年観た『マザー・テレサ』のワンシーン。
「世界平和を促進するには何をしたらいいのでしょう?」っと問う若き女性に、
「帰宅して家族を愛せばいいのです」っと、いとも簡単に答えたマザー・テレサ。
まさにポールも家族を愛する、一人の良き家庭人。

主人公であるポールは最初のうち、ただただ愛する家族を守ろうとする。
隣人がフツ族に暴行を受けるのを垣間見て、ツチ族である妻に「何とかできないの?」っと迫られても、じっと息を殺すしかできない。
それが、段々と愛する家族を守る中で、その延長線上にある人々を見殺しにすることができなくなる・・・。
本当に彼はヒーローなんかではなく「愛する家族を守りたい」一心の、普通に愛すべき一人の男。
ドン・チードルは本当にポールに成りきっていたと思いました。
この作品の内容をちょっと聴いただけでも、彼の演技を知る人なら、まさに適役と思うでしょう。
コメディから、人間ドラマから、悪役まで、どんな役でもこなす性格俳優でありながら、
彼には、どうしようもなく善の部分の魅力を感じます。
『クラッシュ』でもそうでしたが、自分のスタンスを知らしめられた時の、彼の呆然とした横顔に弱いのです。
しかも、理知的でもあり、又その笑顔にも年齢を超えたあどけない魅力を感じるんですよね〜。
そんな彼がポール役を演じるのは必然と思った監督の気持ちもよく判りますし、大虐殺で死体の転がる様を見た後の、ネクタイが結べなくなってフッと微笑み、次に号泣するシーン。
家族を国連平和維持軍にたくし、そのトラックを見送るシーン等々・・・
想像以上に素晴らしい彼の演技に胸を締め付けられます。

HOTEL RWANDA.4jpg.jpg

そして、この作品には、一個人としては、どうしようもない重たい物を背負ってルワンダに関わる人物として、国連平和維持軍のオリバー大佐(ニック・ノルティ)、ジャーナリストと同行するカメラマン(ホアキン・フェニックス)、ベルギーのホテルオーナー(ジャン・レノ)の3人がいます。
ポールの切実な助けを求める声に、それぞれが彼に告げる真実の重さは虐殺のシーンに等しいほど辛く酷なものであるけれど、一個人としてポール達の悲劇を受け止めても果たせない、痛々しい程な彼らの無力感に、やはり心を打たれるんですよね。
特に虐殺のシーンを撮ったホアキンの言葉「この映像を流しても、世界は「大変だね〜。」っと言ってディナーを続けるだけだろう」・・・まさにウチの食卓ではありませんか???しかもアフリカの内乱、貧困、飢餓等々のニュースは目にするも、ルワンダのそのニュースさえ最早覚えていない始末・・・。ふらふら

今も尚民族間の対立や暴動や貧困に悩まされているであろう人々・・・
「もしアメリカがアメリカ合衆国なら、何故アフリカ合衆国にはなれないの?」
そんなエンディングで流れる歌詞にも涙が止まりません。

とにかく本当に観られて知ることができた事に・・・・感謝の気持ちを感じる映画でした。
名古屋では公開3日目とは言えど、平日の月曜に満員の劇場。
公開の経緯は勿論のこと、きっとこれからも作品の素晴らしさが人から人へと伝わっていく映画だと思います。

そうそう帰りにはパンフレットと共に劇場で販売されていた、ルワンダーティーもなかなかの売れ行きでした。
勿論私も購入して、帰宅後早速ホッと一息で一杯!喫茶店


rwandatea_.jpg今回劇場で販売されたルワンダーティーは、『愛・地球博』のルワンダ・パビリオンで、Marie Beatrice Winbergさんが村の自立を助けようと販売していたものの一部だそう。
税関手続きなどの遅れで販売できなかったルワンダティーを、劇場では限定300箱販売することにして、仕入値1,000円、販売価格も1,000円とし、一切利益を得ずに少しでもMarieさんのお手伝いをしたいとの想いから販売しているとのこと。
早く観に行って買えて良かった!わーい(嬉しい顔)

そういえば昨年『愛・地球博』で、ルワンダ・パビリオンに立ち寄った気もする。
事前にこの映画を観ていれば、又地球博でのルワンダ・パビリオンに対する思いも違ったはず・・・映画の中でホテルに避難するルワンダの人々は、悲劇の最中でも一時楽しげにホテルの庭の太陽の下で踊りに興ずる明るさも持った愛すべき人達だったなぁ〜っと、そんなことを思いながら、細かい茶葉の濃い目のストーレートティーに、ほのかな甘味も感じながら楽しむ今日この頃・・・そんな平和な一時にも感謝したい。




posted by ラクサナ at 21:57 | Comment(14) | TrackBack(2) | 2006年 2月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
今晩は〜やっとご覧になれて良かったですね!!
だって、この映画をいち早く紹介して「公開を求める会」に賛同されていたラクサナさんですもの!!さぞやジリジリと名古屋での公開を待っていらしたかと・・・涙。
私はその時は何もお手伝いできませんでしたけれども、観た後は観た者が口コミで広めるお手伝いをブログでしているつもり(^^*)
本当に心に突き刺さる台詞が幾つもありましたよね〜遠い国の事と傍観していないで、次代を担う子供たちにも見せたいですよね・・こういった作品も学校上映とかすればいいのにと思います。

Posted by マダムS at 2006年02月28日 22:33
[Em51]
マダムSさま
早速のコメ・トラ有難うございます!
いえいえ私も作品は観たいもののブログにバナー貼り付けただけで、まさに果報は寝て待てな奴でございます。[Em140];
マダムや皆さんが関東圏でも観て下さって、コチラでも公開して貰えて本当に感謝です!
本当に学校でも見せて欲しい作品ですよね。ウチの次女の公立高校の面接の質問に、「最近心に残ったことは?」ってのがあったら・・っと是非この作品を見せたい思いがあるのですが・・・入試まで後10日余りだし・・・(^^;ヾ
心に残る台詞の数々・・・
サントラも気になっております[Em146]
コチラでは3月末までのロングランになりそうで、本当に嬉しい限りです。
Posted by ラクサナ at 2006年02月28日 22:58
おお・・下のお嬢さんの受験でしたか!
第一志望合格をお祈りしております!!!
Posted by マダムS at 2006年03月01日 06:54
[Em51]
マダムSさま
あ、ありがとうございます!m(__;)m[Em28]
Posted by ラクサナ at 2006年03月01日 22:41
おぉ、ご覧になったのですね。
まったくもって、意味が重く、そして意義のある作品でした。色々と突き刺さる言葉が辛くて...。虐殺が始まる前にホテルのバーで、フツ族とツチ族の女性が仲良く話していたり、フツ族のポールがツチ族の奥さんをもらっていたりと、100人が100人とも憎しみあっているわけじゃないのになぜあのようなことになったのでしょうね。
道に累々と並ぶ死体...見るに耐えませんが、目を閉ざしてはいけません。この作品が何を語っているのか、この作品が何を教えてくれているのか、しっかりと受け止めましょう。
Posted by アンパンまん at 2006年03月01日 23:48
[Em51]
アンパンまんさん
はい、観てまいりました!
全く想像以上に意味深く、事実を知らしめると同時に映画としても素晴らしい作品でした。
フツ族とツチ族、全く悲しく辛い民族同士の争いですね。ああなった経緯は映画では語りきれない深くて暗い歴史があるのでしょうが、人間同士、一人一人に目を向ければ、あんな酷いことはできないはずなのですが・・。[Em144]『戦場のピアニスト』のご本人、ウワディスワフ・シュピルマンさんが言っていた、「人を見るときに、決して国家や民族という単位で見てはいけない」っという言葉を今更ながら思い出します。
Posted by ラクサナ at 2006年03月02日 00:37
今晩はー☆ やった!決まりました!私の住んでる地方での公開! 来月、4月下旬からの上映です!!ミニシアターでGWのメイン作品みたいです!微力ながら地元の映画愛好会の皆さんと署名運動にも参加してきましたので嬉しさひとしおです(^^)
Posted by mei at 2006年03月02日 23:15
[Em51]
meiさん
やったぁ〜![Em1]
来月の公開決まったんですね!
meiさんとお仲間の映画愛好会の皆さんの歓びもひとしおでしょうね。
上映館情報を見ると関東圏の公開から、どんどん全国に拡大しているようですよね。
本当に良かった!
meiさんの感想を楽しみにしています!
Posted by ラクサナ at 2006年03月03日 09:05
ご覧になられたのですねぇ〜!
ラクサナさんの感想をお持ちしていました。
ほんと、見て良かったと心から思える作品でした。
と同時に作品のクオリティから言っても高い作品ですよねぇ〜。
ドン・チードルはまり役でした。
この映画を見るまでは、彼のことについて、あまり関心がなかったけど、一気に上昇しました。
ヒーローでない、普通の家族を愛する、一人の男が、
知恵と機転を利かせて、人々を守るという事に、
衝撃的な作品ながら、感動して、涙が溢れて、何度も涙をぬぐいました。

う〜ん、ルワンダ・ティーというお茶があったとは・・・。
Posted by 紫の上 at 2006年03月07日 23:25
[Em51]紫の上さん
有難うございます!やっとコチラでも上映されて、すぐさま鑑賞して参りました。
本当に私も涙が垂れ流し状態で・・・
ドン・チードルは、これまでの出演作の中でも一番のはまり役だったのではないでしょうか?

ルワンダティーですが、実にオーソドックスな味わいで、細かい茶葉なので少ない量でも充分出ますし、ミルクティーに合いそう。昔はロンドンマーケットでも最高値を付けられた程の良質な紅茶生産国であったルワンダも、近年内戦で茶園が崩壊寸前までになったとか・・今はその茶園もリハビリ中。また市場にたくさん良質なルワンダーティーが出回るのも祈りたいと思います。
Posted by ラクサナ at 2006年03月08日 12:24
エンドロールの曲、再び涙でしたねー。ルワンダのこと何も知らなかったことに反省でした。映画っていいですね!
Posted by meg at 2006年03月09日 15:42
[Em51]megさん
コメント&TB有難うございます!
もう日々コレ映画でお勉強させて貰っているラクサナです。^^
私も本編でも涙涙・・エンドロールの曲でも、しっかり泣かされてきました。
早速お邪魔させて頂きます!
これからもヨロシクお願いします。
Posted by ラクサナ at 2006年03月10日 00:22
こちらでも11日からやっと上映されることになり、観てきました。
私もラクサナさんが、この作品のことを取り上げていらっしゃるのを読んでから
ずっと気になっていたので、見ることができて嬉しかったです。
『マザー・テレサ』は未見ですが
「平和のためにはまず家族を愛することから始めなさい…」という言葉。
まさにその通りにして、彼は多くの人々の命を救ったのですね。

『クラッシュ』の時も思いましたが
一人の力では、世の中を変えるような大きなことはできないかもしれないけれど
こういう作品を観て、皆が少しずつでも意識を変えていくことが大切なのだと感じました。
素晴らしい作品を教えてくださって本当にありがとうございました(^^)
Posted by Ako at 2006年03月13日 08:51
[Em51]Akoさん
ご覧になられましたか・・・良かった!
本当にこういった作品に出逢えて、世界を知ることは大事ですよね。何も出来なくても、たくさんの人が知り、そのことで何かしら意識を変えて、それが末来を作る世代に伝わっていくことができれば・・・っと思います。家族を愛すれば周りの人たちにも無関心ではいられなくなると、この映画で主人公ポールに又教えられた気がします。
おっと、『マザー・テレサ』も、もうDVD出ておりますので、まだ新作ですが、一週間レンタルになったら是非ご覧になってみて下さいませ。『ホテル・ルワンダ』の感想、Akoさんの方へもお邪魔させて頂きます〜♪
Posted by ラクサナ at 2006年03月13日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13906743

『ホテル・ルワンダ』
Excerpt: 昨年のゴールデン・グローブ賞の作品賞にノミネートされ、アカデミー賞では主演男優、助演女優部門でそれぞれノミネートされるという話題作でありながら、日本ではなかなか公開のめどが立たず、危うくボツの憂き目に..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-02-28 22:26

ホテル・ルワンダ  HOTEL RWANDA
Excerpt:  愛する家族を守りたい ただ一つの強い思いが、1200人の命を救った・・・。
Weblog: 箱庭綴り
Tracked: 2006-03-09 15:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。