2006年07月27日

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

Davy_jones-Bill Nighy.jpg

『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から3年、待望の2作目を鑑賞してきました。
ジョニデのジャック・スパロウ船長!
予告の一部で、何度も「Welcome aboard!」と呼びかけて頂いて有難うござんす!
やっと、乗船させて頂くことができました!(笑)

いや〜ん!ジャック・スパロウ船長は相変わらず・・・っというか、
また一段と面白くおなりになって、彼の見所は満載、素敵でしたねぇ〜exclamation揺れるハート

しかしながら・・・このお話の方、実は大ヒットした前作でも微妙に思ったことなんですが・・・
それほど、そんなに、面白いですかexclamation&question

いやいや、でも前作は確かに面白かった。
胸のすくようなシーンもあり、ちょっと長めでしたけど、ストーリーもシンプルで、実はストーリー的には脇役であったであろうジャック・スパロウの飄々とした、過去に例を見ない魅力に圧倒されるという、
続編もにおわせながらの一話完結の楽しいアトラクション海賊映画になってました。

そして続編であるこの『デッドマンズ・チェスト』なんですが、
前作の勢いをかって、完璧な次回へのつなぎの作品。
しかも前作を観ていないとまるで入っていけない作り方。
こういった作品に、そんな恐れを知らない作り方ってありなのかなぁ〜?
しかも随分平坦で、退屈なストーリー展開は、また必要以上に余計な部分が入り乱れ、
上映時間は前作よりも長い151分exclamation
でも、確かにその分、前述したジャック・スパロウの楽しいシーンが観られて良かったかもしれないのですが・・・。わーい(嬉しい顔)

壮絶な冒険の後にようやく結婚式を挙げようとしていたウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)。二人は、かつてウィルの恋敵ノリントン提督(ジャック・ダヴェンポート)の部下であり、今は東インド貿易会社の重役であるベケット卿(トム・ホランダー)に、挙式直前で、国家反逆罪のジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を逃がした罪で囚われてしまう。
その罪を逃れるための条件は、ジャック・スパロウが持つコンパスを手に入れること。
その頃、再びブラック・パール号を取り戻したジャックも又、ブラック・パール号の船長の地位と引き換えに、昔から海の魔物と恐れられる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長ディヴィー・ジョーンズ(ビル・ナイ)との“血の契約”の期限切れが迫り、窮地に追い込れようとしていた・・・。


Dead Man's Chest -2.jpgDead Man's Chest.jpg

見終わった時点で、何だかな???な感を受けた今作ですが、
今思い返すと、楽しいシーンが浮かびます。
特に好きだったのは、どうやって作り出したのかexclamation&questionっと思うわれる後半の宝の箱争奪戦の最中の水車のアクションシーン、もう圧巻でした!
スパロウ船長の串刺しも面白かったし、島の先住民に囚われた船長とウィルの脱出劇も楽しかったexclamationわーい(嬉しい顔)

でもやっぱり中盤まできても、なかなか3年前に観て忘れている前作からいろいろなことが結びつかず、困りましたねぇ〜。
やはり睡魔も襲ってくるし・・・眠い(睡眠)(爆;)
正直、船底から出てきたビル・ターナーが、バルボッサとダブっちゃって、「ジェフェリー・ライトって何だか特殊メイクするとステラン・スカルスゲートに似てるなぁ」なんてボンヤリとマヌケなことも思っちゃってましたもん。(恥;)
前もってこの作品を観るには、復習や睡眠が必要だと聞いていた私
それを怠ったのも自分の罪でもありましょうが・・・・
が、しかし・・・私は予習復習がかなり苦手な奴でして・・・あはは
過去にも映画鑑賞の前にあまりそれをしていなかったし、
それでも十二分に楽しむことができた『ロード・オブ・ザ・リング』など、やはりストーリーが素晴らしく面白かったんだと思います。

今回はそれにも増して、平坦、かつ無意味に複雑なストーリーにも眠気を誘われました。
ゴア・ヴァービンスキー監督って、やはりこんな冒険アクション娯楽作品でも抑揚のつけ方がフラットなんですよね。
最近観た監督作の『ニコラス・ケイジのウェザー・マン』では、それが良いほうに出てましたけど・・・。
子供も楽しむディズニー・アトラクション映画がコレでいいのか?ってのは正直思います。
もっとも、最近の子供たちは私より理解力がいいかしらん?ふらふら(爆)

そして・・・エンドロール後のオマケ映像。
これだけはちゃんと観ましたよ〜!エンドロール、長かったですけど・・・(笑;)
しかして、この作品をTVでおすぎが、「とってもタコ!」っと言ってました。
そう、とってもタコな↑フライング・ダッチマン号のディヴィー・ジョーンズ(ビル・ナイ)船長以下、深海生物に進化したような乗組員のシーン、大ダコのシーンも面白かったけど・・・長かった・・・exclamationがく〜(落胆した顔)

っという訳で・・・いろんな意味で私にもタコな作品ではありました今作。
パート3が公開になる前には、1、2とちゃんと復習して望みたいものです。
きっとできないでしょうけど・・・・。(大ダコ;)



posted by ラクサナ at 14:34 | Comment(11) | TrackBack(1) | 2006年 7月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
おじゃましまーす★

>それほど、そんなに、面白いですか

私はそんなに面白いと思いませんでしたよ。
前作のほうが面白かったです。
総合的な評価はパート3を見てからになるでしょうけど、長さは感じたし、ジャック・スパロウをはじめ、キャラクターもばばちかったですし。ウィルのお父さんやディヴィ・ジョーンズたちも磯の香りがしてました[Em140]
Posted by mei at 2006年07月29日 02:12
[Em36]meiさん
どうも〜meiさん♪

そうでしたか〜!?
何かホッとします。(^_^.)
面白い要素がイッパイなのに、次へ繋ぐ作品としても、私的にはちょいと残念でした〜。
主要3人のキャラのぶつかり合いも観ていて爽快感がなかったし・・。
パート3に期待以上の物を感じてしまいそうです。

そうそうビル・ナイ達の磯の香りは強烈でしたね〜!
日本の海でもアレほどの臭いは無さそうです。(笑)
あの大タコやビル・ナイの吸盤のオヒゲなどは、塩を揉みこんでマリネにしたかったです。^^
Posted by ラクサナ at 2006年07月30日 00:57
あの長さはちょっと辛いですよね。
もうちょっと短くしてもいいなぁ。
内容は、基がディズニーですから、あんな感じがいいんじゃないかなと思いますよ。ディズニーランドだって、ふと客観的に見てしまうと“それほどでも”と思ってしまう感じがありつつも、やっぱり楽しんでしまうでしょう。それと一緒だと私は思って、楽しんできました。(^_^)b

Posted by アンパンまん at 2006年07月30日 23:44
私も、思い出せば楽しいシーンもたくさんあるんですけどね。
もっと短くして、サクっと笑わせてくれれば
「楽しかったね♪」で終るのに… 残念でした。
次回作公開の前には今度こそ復習を!
いや、私も出来そうにありません (^^;;;

「とってもタコ!」
たまには、おすぎさんもいいこといいますね〜!(爆)
Posted by Ako at 2006年07月31日 09:17
[Em36]アンパンまんさん
なるほど・・・確かにそう思うと、ディズニーランドのアトラクションムービーとしては妥当なのかも!?^^
ストーリーが、ちょっと複雑化してしまった点はご愛嬌ってことで、3作目に期待することにします♪


[Em36]Akoさん
全くそうですよね。(^^;

楽しいシーンを振り返り・・・
ストーリーは復習しなくても済むように・・・(おいおい! 笑;)
次回作に期待しましょうか・・。^^



Posted by ラクサナ at 2006年07月31日 16:41
ラクサナさんも厳しいご意見ですね。
実は私も途中でダレてしまったクチです^_^;
各シーンがいちいち長すぎてたような気がしますね。
ジョニデだけで引っ張るにはちょっとキツイ映画だと思うわ。
なのに、なんでこんなにヒットしてるんかな??
しかし「とってもタコ!」って、おすぎも上手い事いいますねえ。(爆)
Posted by nike at 2006年08月02日 19:44
[Em36]nikeさん
にゃは〜なんか楽しいんだけど、たいくつだったんですよね〜私も。(^^;
これが凄いって見せ場も分散しているようで・・・本当に次回作への繋ぎって感じでしたね。
そうそう、おすぎは「あ〜だこ〜だ言うより、タコを観る映画なのよ!」なんて言ってましたっけ・・・(笑;)
Posted by ラクサナ at 2006年08月03日 00:04
ラクサナお母さま。お久しぶりです。

ビル・ナイのタコ姿にはかなりショックを受けてしまいました。
が,ジョニーとオーリィの息ぴったりな感じが画面に現れていて,それだけはよかったかも〜。
・・・で。これからどうなるのようっ!!
Posted by Deanna at 2006年08月06日 17:58
[Em36]Deannaさん
Deannaちゃんご無沙汰しております。
母はこの続編でまた不覚にも居眠りしてしまいそうになり、Deannaちゃんのブログにもコメントをし辛い状況に陥ってました。(爆;)

>・・・で。これからどうなるのようっ!!
全く、全く・・・(^^;
もう3作目も殆どできている状態かと思うと余計イライラしてしまう母です・・・。(爆;)
ジョニデ&オーリィは・・・良かったですね[Em137]
Posted by ラクサナ at 2006年08月06日 18:52
突然すみません。
エンドロールの後の映像って?
見てません・・・・
どんな映像だったのか教えていただけませんか(涙)
よろしくお願いします。
Posted by fuji at 2006年08月15日 18:05
[Em36]fujiさん
初めまして!
そうでしたか・・・
最後のオマケ映像ご覧になれませんでしたか!?
それは、大変ネタバレになってしまいますが・・・(^^;

前作のオマケ映像はお猿さんでしたが・・・今回は、あの鍵くわえてたワンちゃんなんですよ。
今作でジャック・スパロウが、あの島を脱出する時、身代わりになって残されたであろうワンちゃんの、その後の映像でした。
ワンちゃんもジャックのように種族の長のような扱いを受けて・・・その後はご想像に任せます・・・ってなトコです。(汗;)
次回作で、ワンちゃんが無事登場するかどうか・・・お楽しみに♪(笑;)

Posted by ラクサナ at 2006年08月16日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21482147

Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest(2006,U.S.)
Excerpt: 胃が痛くても,ジャック・スパロウ船長には会いたかった。 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト呪われた海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2006-08-06 17:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。