2006年08月14日

ユナイテッド93

united93-3.jpg2001年9月11日、米国内の空港を飛び立った旅客機4機がハイジャックされ、そのうち2機はワールド・トレード・センターへ次々と激突し、1機はペンタゴンへ激突。
そして残りの1機、乗客・乗務員40名とテロリスト4名を乗せたユナイテッド・エアー93便が離陸して、ペンシルヴァニアへ墜落するまでの様子を、まるでドキュメンタリーのように淡々と描き出した作品。

監督・脚本は、北アイルランドで起きた“血の日曜日事件”、『ブラッディ・サンデー』を、ドキュメンタリー・タッチで描き出し評価を得た『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラス。

予告を観た時から、また何とも言いえぬ思いにとらわれて、
鑑賞することを若干戸惑う思いもありましたが・・・
やはりあの悲劇を描くには、こうでなくてはならない・・・
という監督や製作者側の思いが伝わるような、出来る範囲に真摯で誠実でリアルな映像と、機内での臨場感あふれる人間ドラマに、
泣くというより、泣き叫びたくなるような・・・言葉を失う熱い思いにかられました。

まさに、映画を楽しむというより、映画が伝えられる何かを、私たちが受け止めるべく生まれた素晴らしい作品だと思います。

序盤から、旅客機に乗り込む乗客の様子、何の変哲も無い晴天の空路へ飛び立とうとするユナイテッド93便。
この日まで過去20年間、アメリカではハイジャックの事件も起きていない、平和の中の日常のリズムを描いたスクリーン。
管制センターに入る不穏な情報も、ある意味平和慣れしたリズムを、なかなか崩すことができない。
それは連絡を受けた米軍の管制塔でも同じであり、人間の平和に対する認識の甘さが浮き彫りにされている。
そんな中で、徐々に緊迫感が生じる管制センターの中、あのワールド・トレード・センターの何ともいえぬ驚きと恐怖に支配されるTV画面が映し出され、言うにいわれぬ沈黙が広がる。
この民間や軍の管制官には、何名か本人が出演していて、まさに当時のままの体験を再現しているようで、沈黙の場面に流れる空気感も本当にリアル。
そして、いよいよユナイテッド93便の中でもテロリストたちが動き出し、携帯や機内の電話で、内外からただのハイジャックではなく自爆テロという思いもよらぬ事態を把握していく乗客たち。
乗客たちが電話により、家族たちに話す「愛している」という最後の言葉も、この映画ではあっけないぐらいの描き方をされているけれど、それでもオーバーアクトな映画の1シーンより、ずっと心に残る場面、どんなに泣き叫んでも、誰も助けてはくれない・・・演じているのは殆ど無名の俳優たち。
UNITED 93-1.jpgその後乗客や乗務員たちが一丸となって、テロリストたちに立ち向かっていく姿は、テロリストたちに一子報いようとか、目的を阻止しようとか、そんな綺麗ごとではないんですねー。ただただ何もせずに死に向かうのではなく、何とか自分たちの力を持ってして、生きる希望にかけたいという切なる行動なんです。
結果は分かっていても、どうしても何とかならないかと思ってしまい本当に泣き叫びたくなる思い・・・。

そしてエンドロールに記された93便の犠牲者の方々の名前と、“as himself”と書かれた出演者の多さに、また涙が止まらない。


2001年9月11日、同時多発テロから5年が過ぎようとしている現在。
あの時、あの信じがたい驚きと恐怖のTV画面に釘付けになりながら、「まるで映画のシーンのようだ」「いつの日か、この出来事が映画になる日がくるんだろうか・・」なんて事が不謹慎にも頭をよぎった覚えがあります。
あの日から、自分の心の中でも何かが変わった気がしますが・・・
報復による戦争のもたらした物が今だ解決できるはずがなく、先日イギリスで起きたテロ未遂事件による、空港での厳戒態勢の強化など・・・
世の中はまるで良い方向へは変わっていない。
そんな中で、『ユナイテッド93』を含め、他にも次々と、現実にその映画が公開されようとしています。
posted by ラクサナ at 22:36 | Comment(20) | TrackBack(2) | 2006年 8月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
私も先日、観てきました。
結末がわかっているだけに、冒頭部分からの乗客乗員の何気ない会話が切なく感じられて…
テロリストたちも、自分たちが信じる神に祈ったり
搭乗の直前に「愛してる」と電話をしたりして
一方的な完全悪として描かれてなかったところも良かったと思いました。

(少々ネタバレになりますが)
あまりの臨場感に、私も乗客の一人になったような気持ちで見ていたので
あのラストシーンは、本当に墜落して命を落としてしまったようで、とても怖かったです。
しばらくは席を立てませんでした…
Posted by Ako at 2006年08月17日 16:54
[Em37]Akoさん
本当に乗客の1人になって、あの恐怖と対峙するような気持ちでしたよね。
特に後半、皆が一丸となるまでの映画の時間が、現実の時間と一致するようで・・・言葉にも出来ぬ焦燥感と恐怖にかられました。
そんな同じ機内の中で、何とか助かりたいと願う乗客の祈りと、テロリストたちが祈る神という言葉、死に向かう立場は同じでも・・・これがまた何とも言えぬ気持ちにさせられましたよね。
Posted by ラクサナ at 2006年08月18日 10:17
今晩は〜 いやしかし暑いですね・・
湿度の高さには参りますね〜
さて、実は先日CSのディスカバリー・チャンネルで「9.11抵抗のフライト」というドキュメンタリーを観まして。↓
http://japan.discovery.com/episode/epiintro.php?id1=851943&id2=000000
その日の再現ドラマ(無名の俳優さん使ってたと思いますこれも)と遺族の証言で構成されており、まさに映画とほとんど同じでは?と思います。
遺族の方達のしっかりした考え方など印象に残りました。
Posted by マダムS at 2006年08月19日 22:32
[Em37]マダムSさん
マダム!お暑うございます〜(^_^;)
台風の影響もあるかと思いますが・・蒸し暑いですね〜[Em162]

「9.11抵抗のフライト」のご紹介有難うございます!
これは未見なんですが、キーファー・サザーランドがナレーションをしているドキュメンタリー作品なんですよね!?
実は先日『ユナイテッド93』を劇場鑑賞して、すぐに新作レンタルで出ていたDVDを見つけまして・・・
http://www.avexmovie.jp/lineup/flight/

タイトルは違いますが、多分この『フライト93』と同作品ですよね?
キーファーがナレーションってのにも惹かれましたが・・・何分『ユナイテッド93』を観たばかりでしたので、ソチラはレンタルせず、ユナイテッド93便をハイジャックしたテロリストの側を描いた作品『ハイジャックフライト93』の方を観てみました。
敬虔なイスラム教徒でもなかった1人の青年が、テロリストになるまでが、なかなか忠実に描かれていて、興味深い内容でしたので、また感想をアップしたいなと思っていたところです。

キーファーのナレーションの作品も遺族の方たちの考え方なども知ることができる、なかなかのドキュメンタリーのようで、観てみたいと思います。

『ユナイテッド93』の方は、遺族の方の考えや乗客たちの人となりなど、詳細なことは一切描かれておらず、ナレーションもなくて、ただ各シーンの場所などがテロップで出るだけ。エンドロールに、あの最中の軍が取った行動の説明などが記されているだけでした。
それだけに、機内で起きた惨事を観ている側も疑似体験しているような、なんとも言えぬ臨場感があり、その点はこれまで観たドキュメンタリーや映画の中でも秀逸だったと思いますし、監督のこの映画を作った意味合いを深く考えさせられる思いがしましたよ。



Posted by ラクサナ at 2006年08月20日 00:19
ディスカバリーの『抵抗のフライト』は当方も観ました。当時の背景を想像するのは残された音声のみとは解説してましたが、良く出来た再現ドラマだったと思います。

抵抗する乗客達にワシントン行きを諦めた犯人が意図的に旅客機を墜落させたとか、言っていた様な。残された最後の音声は強烈な風切り音とか解説してましたねぇ〜
相当の降下速度で地べたに突っ込んだ様で、機体の体力試験並みの速度、音速を超えるスピードで急降下して激突したのかも知れませんね。
Posted by 60式戦車。 at 2006年08月20日 07:24
ラクサナさん、こんにちは。
「フライト93」と「ユナイテッド93」はポスターもよく似ていますね〜。
私もこちらもレンタルして見てみようと思います。

この映画、余計なBGMもなく、際立って有名な俳優さんもいないという点が、逆に引き込まれる要因となっていますね。
惨事から5年も経たない中でこういう作品を世に出すアメリカについても考えさせられました。
よい意味でも、悪い意味でも。
Posted by なでしこ at 2006年08月20日 12:45
息詰まるラスト。思わず体に力が入って前かがみになっていました。
Posted by たくろう at 2006年08月21日 01:57
そうですそうです! これです!
「フライト93」
ディスカバリー・チャンネル製作のドラマだったんですね、しかもキーファーがナレーションとは気づかないまま観てました私。 タイトルを変えてDVD化されたんですね・・
映画の方が臨場感があるでしょうね・・乗客の方々の恐怖がより感じられるかもしれませんね(涙)
そのもう一本のテロリスト側からのDVDもちょっと観てみたくなりました。彼らの軌跡も知りたいですよね。 ある信仰を持った人々ほとんどが大国に不満を持っていたとしても、どこからがテロリストになるのかその分岐点に興味があります。
私の観た方では操縦をした犯人に飛行技術を教えた航空学校の教師の証言もあり、まさかこのような事態になるとは想像もしなかったと苦悶の表情をなさっていました。情報ありがとう〜! 
Posted by マダムS at 2006年08月21日 10:05
http://broadband.biglobe.ne.jp/program/index_movspecial.html
↑で、監督や遺族が語るを、ぼろぼろ泣きながら見ました。俳優さんたちも、遺族に会ったりしてるんですね。
Posted by MACHI at 2006年08月21日 15:06
↑の特別番組は、かなり長いです。
Posted by MACHI at 2006年08月21日 15:15
[Em37]60式戦車さん
私も『抵抗のフライト』、DVD版でタイトルは『フライト93』の方も昨夜鑑賞してみました。
本物の音声と、ご遺族の方々のコメントを多数入れて、
本当に家族の方々の為にも忠実な再現ドラマになっていたと思いました。
93便は機体の損傷があまりにも激しく、当初はいろいろな憶測が飛び交っていたようですが、
やはり60式戦車さんのおっしゃるように、時速900キロで反転しながら、あの地に激突した事実が、このドラマからもよく判りました。
同じ93便のドラマを二度までも追体験する思いでしたが・・・
辛い結果にはなってしまったけれど、忘れえぬ乗客の方々の勇気と行動を本当に称えたいと思います。

[Em37]なでしこさん
なでしこさん、おはよううございます。^^

『ユナイテッド93』を始め、同時テロを題材とした映画は、5年たったとしても・・・
いやもしかしたら何年たっても、あの当時の惨事をマスメディアを通してとはいえ、リアルタイムで目撃した私たちにとっては、冷静で観られるはずはないのかもしれませんよね。
鑑賞前には、やはりどんな作品なのか不安もあったけれど、『ユナイテッド93』は、おっしゃるように本当に引き込まれる内容でした。
これからも『ワールド・トレード・センター』など、様々な米国の作品が公開されるでしょうけれど、そんな作品に悲しみだけではなく学ぶべきものが多いことを期待したいと思います。

[Em37]たくろうさん
あのラストに前かがみになって鑑賞されたとのこと、よく判ります。[Em143]
本当に私も熱くなって・・・悲しいというより叫びたくなる思いでいっぱいになりました。
真実を描いたドラマの中で、感傷にひたらず、これほど引き込まれた作品は過去に観た覚えがない気がしました。

[Em37]マダムSさん
やはりそうですよね!
今日、私も『フライト93』レンタルしてきて鑑賞させて頂きました。
この作品は昨年作られていたようで、ご遺族の方々が多数出演してみえるのに驚きました。
しかも、犠牲者の方々と、出演している俳優たちの面差しがよく似ているんですよね。
そんなところまで、遺族の方々の為にも忠実な再現ドラマになっていますよね。
いつまでも忘れてほしくないというご遺族の思いに又涙してしまい、多数出演してみえるご遺族の中に、日本人で犠牲になった方のご遺族は表に出てみえないのが、同じ日本人として、気持ちが判るような気がして、それもまた考えさせられました。
テロリスト側を描いた『ハイジャックフライト93』の方は2年前に製作されたようですが、今秋コチラのあいち国際女性映画祭で上映されるようです。
93便を乗っ取って操縦席に座ったテロリストである青年が、フロリダで操縦訓練をするシーンも後半出てきます。
彼のように裕福な家庭で育ったテロとは無縁の青年が、アルカイダにとって必要不可欠であったことなども、興味深い内容ですので、是非レンタルでご覧になってみて下さい。

[Em37]MACHIさん
[Em143]・・・・
『ユナイテッド93』の、ご遺族の方々や監督の思いが満載のトレーラーのご紹介有難うございました。
5年という歳月が過ぎて、残された家族のそれぞれの人生や、それぞれの真実の語り掛けに私もまた思わず涙してしまいました。
ご主人と共通の友人と再婚をされた方、尋ねてきた俳優を、失ったわが子のように抱きしめる年老いたご両親。
今でもテープや映画作品を観ることができない方・・・本当に何年たっても消し去ることができない出来事だけど、その思いを抱えながら残された方々の人生はこれからも続いていくんですよね〜。
長かったですけど、真実の映画一本を観る深い思いがしましたよ。
Posted by ラクサナ at 2006年08月22日 09:09
私も昨日見てきました。気乗りしなさそうな娘を無理やり(?)引きずっての観賞となりました。結果が分かってるのにこんなにドキドキするものなのか・・映画館の肘掛を何回もギュッと握ってしまいました。そしてあのラスト・・・呆然・・そして私の個人的な思い入れは五年前のあの9・11はまだ夫が元気で自宅にいて、一緒に「ニュースステーション」でライヴでこの事件をずっと見ていたことです。あれからまもなく夫は入院し、一ヶ月後に亡くなってしまいました。この事件はそういう意味でも私にとって元気だった夫を思い出す辛い悲しい事件となったのです。私は一年半前から夫の病気を知り少しづつ覚悟を決めましたが、このテロの犠牲者の遺族の方々はどんなにショックだったか・・終わったあとあんなに娘と語り合った映画は初めてでした。娘は当時小4でイマイチ理解していなかったので、いい映画をみたと思います
Posted by ゆーみん at 2006年08月27日 20:03
[Em37]ゆーみんさん
お久しぶりです。
残暑厳しい毎日ですが、
そろそろ長かった夏休みも終わりですよね。^^

ウチも夏休み中の次女との鑑賞でしたが、ゆーみんさんもお嬢さんと鑑賞されたんですね!
恐怖心ばかり煽らせてしまうかと鑑賞前は心配しましたが・・・
当時まだ幼くてうろ覚えだったあの同時多発テロの事件を、自分なりにちゃんと理解できる年頃になって鑑賞できたことは、ウチも良かったと思いました。
それにも増して・・・ゆーみんさんとお嬢さんには、忘れがたい事件だったんですよね。
私もあの当時のご主人のことを伺った時の衝撃や、悲しみが、つい昨日のような気がします。
5年という歳月、本当に長いようで短くも思え・・・
この映画を通じて、お嬢さまと弾まれた会話、お二人にとって又一段と意味のあるものになったのでしょうね。
ゆーみんさんの支えとなっていらっしゃる、何より健やかに成長されたお嬢さんの存在があることを、力強く、嬉しく思います。
突然多くの命を奪ってしまったあの事件、いろんな意味で多くの人の記憶にいつまでも残るものだと、また改めて思わされました。
Posted by ラクサナ at 2006年08月28日 02:05
マダムSさん、こんにちわ!
TBさせて頂きました。

最後、乗客たちが家族や大切な人達に
TELするシーンがありますが、実際そんな
場面に遭遇すればどんな言葉よりも
「愛してる…」くらいしか伝えられない
かもしれませんねぇ、、、。
さすがにちょっとグッときてしまいました。

今後とも宜しく御願い致します。m(__)m
Posted by cocos at 2006年08月28日 23:28
↑ラクサナさん、間違えてしまいました!

「ラクサナさん、こんにちわ!」と
するところを間違って他の人のNameを、、
本当に失礼してしまいました。m(__)m
また、間違って表記してしまった
“マダムSさん”にも重ねてお詫び致します。
御二方に本当に申し訳御座いませんでした。m(__)m
以後十分に気をつけるように致します。
Posted by cocos at 2006年08月28日 23:48
[Em37]cocosさん
こんにちは〜!
TB有難うございます。

乗客たちの家族に告げる最期の言葉、状況からあんなに淡々としながら、何よりも重く心に響く「愛している」という言葉、初めて聞いた気がします。
突然それを言われたご家族の気持ちも、察するに余りありますよね・・・。

ひゃ〜名前の表記のことは気になさらないで下さいませ!
ブログへのコメントって、修正ができないのが不便ですよね〜。
私もよく間違えて、ご迷惑かけているかも!
マダムSさまも、とても優しくて理解アルお方ですので、きっと気にされていないと思いますよ![Em87]

コチラこそ、これからも変わらぬお付き合いをヨロシクお願いいたします!
Posted by ラクサナ at 2006年08月29日 12:08
5年目の9月11日がもうすぐやってきます。
あの時の衝撃は今でも忘れません。
4機の墜落で、今回の「ユナイテッド93」の報道が一番少なかったような気がしましたが、この映画を見て、また色々と考えさせられました。

映画はドキュメントタッチ故の緊迫感は凄いものがあったと思います。
作り手の変な感情をいれていなかったのが良かったですよねぇ〜。
管制塔と機内二カ所に限定し、臨場感を増すために、手持ちカメラを多用したそうですが、効果は十分でていたと思います。
乗客たちの最後まで希望を捨てない勇気には感動させられたけど、同時にこんな若いテロリスト達を洗脳した黒幕に対しても怒りを感じせずにはいられません。
Posted by 紫の上 at 2006年09月02日 23:56
[Em37]紫の上さん
>4機の墜落で、今回の「ユナイテッド93」の報道が一番少なかったような気がしましたが・・・

本当に当時はそうでしたね〜。
情報も錯綜して、事故なのかテロなのかも。直後には謎だったし・・・米軍の追撃という噂もありました。

この作品では、手持ちカメラの映像も本当にリアルでした。
テロリストも1人の人間として描かれていた作品ですが、その影にたくさんのご遺族の協力があったことも胸を打ちますよね。
DVDで観た、テロリスト側の5年間を描いた『ハイジャックフライト93』も、ドキュメンタリーたっちで、なかなか見ごたえがありましたので、お勧めです!
Posted by ラクサナ at 2006年09月04日 01:52
観てまいりました。
最期を感じて家族に電話し「愛してる」と伝えるところはもう、胸が苦しくて。
軍隊や政府の対応の悪さも指摘されていましたが、即座に対応したからといって、ハイジャックされた飛行機に外から何ができたでしょう。それよりも、そうした犯罪を未然に防ぐこと、いや、それよりもこうした犯罪が起こらない平和な世界であり続けることを祈りたいです。

この後、オリバー・ストーン監督の「ワールド・トレード・センター」の公開も控えていますが、ドラマ仕立てにしたこちらの出来具合はいかがでしょうね。
Posted by アンパンまん at 2006年09月04日 23:26
[Em37]アンパンまんさん
突然防ぎようのない、命を断たれるような暴力の前に身を置いたら、自分は・・・そんなことを痛いほど共感できる作品でしたね。
ドキュメンタリーで「テロリストには死刑が相当すると思いますか?」の問いに、1人のご遺族の方が、「何の関わりもない人の命を奪う事を願うのは、テロリストと同じことになると思う。それよりも、こんな悲劇を防ぐ事が、今は一番大事なことだと思う。」っと答えていらしたのをアンパンまんさんのコメントを読ませて頂いて思い出しました。対岸の火事にはせず、悲しむだけではなく何かを学んで変えていかなくては・・・本当にそうだと思います。

「ワールド・トレード・センター」も気になりますよねー。

Posted by ラクサナ at 2006年09月05日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

● UNITED93 ●
Excerpt: ▼真実は何だったのか?▼ 衝撃のノンフィクション映画「ユナイテッド93」を観て
Weblog: MOVIE
Tracked: 2006-08-28 23:23

ユナイテッド93
Excerpt: 2001年9月11日。 あの日のことはよく覚えている。 珍しく早く家に帰ってテレビを点けたら ワールドトレードセンターのビルがもくもくと煙を上げた映像が。 何度も何度も飛行機が衝突する様を繰り..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-08-30 01:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。