2006年08月26日

スーパーマン リターンズ

SUPERMAN RETURNS|4.jpg

さて、お帰りなさ〜い、スーパーマンですねexclamation手(パー)わーい(嬉しい顔)

クリストファー・リーヴ主演の前シリーズから、第二作目の『スーパーマンU/冒険篇』の続きとされる今作。
前シリーズ4作品は、多分全て劇場鑑賞していると思いますが、当然のことながら、私はストーリーを詳細には覚えていないです。(っていうか殆ど!? 爆;)
でも、今作品のブライアン・シンガーが、「ジョン・ウィリアムズ作曲のテーマ曲を使用できること、マーロン・ブランドの映像を使用できること」などを条件に監督を決めたというだけあって、オープニングのテーマ曲には久々に興奮させられるし、いきなりのマーロン演じるスーパーマン君のお父ちゃんの声にも感動。
何より、主演するブランドン・ラウス君が、クリストファー・リーブを彷彿とさせる、アメコミヒーロー原点であるスーパーマンの魅力タップリのキャラであるということで、懐かしさと娯楽性豊かなスーパーマンに又会えた事が嬉しくも楽しい作品でした。
2時間34分はちょっと長かったけどね。パンチわーい(嬉しい顔)ダッシュ(走り出すさま)

そういえば前作を観た当時から、ジョン・ウィリアムズの“スーパーマン”のテーマ曲と“スターウォーズ”のテーマ曲を、ちゃんとハモリ分けられるか・・・っというお遊びを呑むとやっていて・・・(笑;)
ちゃんとできたら、関係ないけど、スタートレックのテーマ曲へとそのお遊びは続くのでありまする・・・おバカグッド(上向き矢印)るんるん

スーパーマン(ブランドン・ラウス)が突然謎の失踪を遂げて5年の歳月が過ぎ・・・
ヒーロー不在の地球では、犯罪が蔓延し、刑務所へ服役していた宿敵レックス・ルーサー(ケヴィン・スペイシー)も仮釈放で出所、また不穏な動きを始める。
そんな中、自らのルーツであるクリプトン星の消滅を確認、クリプトン星ただ1人の息子として、また父から託された使命を果たすべく第二の故郷である地球へ戻ってきたスーパーマン。
しかし帰還した彼には、恋人であるロイス・レイン(ケイト・ボスワース)が母親となった、埋めようの無い5年間の痛手と、レックス・ルーサーの陰謀が待っていたのだった。


SUPERMAN RETURNS-2.bmp  SUPERMAN RETURNS-2.bmp  SUPERMAN RETURNS−5.jpg

18年ぶりのスーパーマン復活ということで、いろいろなエピソードもテンコ盛りの今作。
スーパーマン誕生のシーンは、前シリーズの一作目で描いてあるので、第二の故郷で、思春期スーパーマンの飛びっぷりなども、ノビノビと描かれ、後はご存知、痒いところに手が届くような、胸がすくスーパーマンの活躍と、何とも人間らしい悪の権化である宿敵レックス・ルーサーの人類を標的にした破壊計画との対決。
そして、何よりロイス・レインとの愛の行方にも重きを置いて、ラストにはちょっと驚きの事実も・・・・!
ブランドン君も大変ですね〜若くしていきなり、もう・・・・・・・・・ってことですな。(^^;
んな訳で、スーパーマンことクリプトン星のカル=エルの父親であるジョー=エル(マーロン・ブラント)が息子に残した言葉にも繋がる、父と息子の物語にも着地するラストには何だか感動しちゃうのです。もうやだ〜(悲しい顔)

しかし、ブランドン君は本当にスーパーマンが似合いますね〜!
まるでCG化されたような濃い目のしっかりした顔立ちに、清潔感も漂わせ、ぶっちぎりのボディで、スペースシャトルをブン投げたり、成層圏に突っ込むジャンボジェット機をナイスキャッチの野球場のシーンなんて鳥肌物に嬉しくなっちゃうのであります。
そして相変わらず、1人でアレもコレも助けちゃおうというアノありえない活躍と、気づかないのがお約束のクラーク・ケント姿!(笑)
スーパーマン復活の当初には、スーパーマン役にニコラス・ケイジなんて話題もありましたよね。
お顔のアップシーンも多用なスーパーマン!もう考えるだけで、ニコちゃんじゃムリ!?(笑;)

そういえば、スーパーマンって私は思い入れがあるような、ないような・・・
『Dr.スランプ・・』のスッパマンは別として・・・
年の功です・・・’50年代のTVドラマ、ジョージ・リーヴス版の『スーパーマンの冒険』も、かなり幼い頃だけど観た覚えがあります。(汗)
その頃から、何だかロイス・レインのキャラって、ウザったくって好きじゃなかったんですけどね。(^^;
今回のロイス役黒髪のケイト・ボスワース、何か『ローズ・イン・タイドランド』のバービー人形のお顔思い出しちゃうんですが・・・
ストーリーにも助けられてなかなか健闘していました。
スキンヘッドのケヴィン・スペイシーのレックス・ルーサー、笑いのセンスも心得ていて、やはりなかなかの演技。
でもそれにも増して、単なる悪の脇役に終わらないキティ役のパーカー・ポジーの演技が良かった。

っということで、ちょっと長すぎて、中盤眠気もチョッピリもよおしちゃった私ですが・・・
続編もモチロンありでしょうね〜!?
胸のすくような、あまり複雑になり過ぎないストーリーで、これからもブランドン君のスーパーマンに期待しまっすexclamation×2パンチ

そして・・・
George Reeves.jpgスーパーマンと言えば、ちょっと気になる前述したTVドラマ版の元祖スーパーマンを演じたジョージ・リーヴスの死の謎を追う作品。
『ハリウッド・ランド(原題?)』も気になりますね〜。
事件を追いかける探偵ルイス・シモ役がエイドリアン・ブロディ、MGMの大物の妻トニ・マネックスにダイアン・レイン、ジョージ役がベン・アフレックというキャスティングだそう。
私的にはタイツ姿のオジサンヒーローとして力道山の死と共に記憶に残ってますが・・・(^^;
当時、スーパーマンのイメージが強すぎ、俳優としての自信を失い猟銃自殺したジョージ・リーヴスという衝撃的なニュースが定説のようでしたが、実はその死も結構謎に包まれているようですね〜exclamation&question
posted by ラクサナ at 21:20 | Comment(13) | TrackBack(4) | 2006年 8月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
クリストファー・リーブのスーパーマンが未見だったので、1〜4をレンタルで見ましたが、もしかしたら、4作目だけ映画館で見たかもと、思いました。

>ラストにはちょっと驚きの事実も・・・・!

原因がなければ、結果もない。2作目を見ると、当然の結果でしょう。(笑)

今回の大富豪の老女は、テレビ版のロイスで、バーテンダーは、テレビ版のジミーなんですってね。
Posted by MACHI at 2006年08月29日 14:31
おじゃましまーす☆
この夏の娯楽大作の中で、私はこれが一番よかったです〜。このまえTVで放送してましたけどクリストファー・リーヴの1作目をはじめてちゃんと見ました。強くて優しくて誠実で清潔感があって、端正な顔立ちはまさしくスーパーマンでしたね。新スーパーマンのブランドン君も容姿端麗(一説にはゲイに好かれる容姿とか)でよく見つけたなーと感心するほど適役だと思いました。
レックス・ルーサーはジーン・ハックマンのほうが 「怪演」で、ケビン・スペイシーのほうが優雅だと思いましたが、カツラは甲乙つけがたいです(^0^)
Posted by mei at 2006年08月29日 23:12
[Em153]MACHIさん
>原因がなければ、結果もない。2作目を見ると、当然の結果でしょう。

っということは、2作目は、スーパーマンのおのろけ大作戦になっていたわけですね。(笑)
私が2作目で思い出すのは、ナイアガラの滝でのシーンだけかも。
当時、友達が「ナイアガラの滝のエキストラで映ってるから、見れ見れ!」とシツコク言ってきたので、必死で目を凝らしたけど分かるわけありませんて!(爆)
おっと、富豪の老婆とバーテンダーは、そうだったんですか!!
育ての母親役が「波止場」でマーロン父ちゃんと共演した、あのエヴァ・マリー・セイントだったことぐらいしか思い浮かびませんでした。(^^;

[Em153]meiさん
いらっしゃいませ!^^
そうですよね〜クリストファー・リーヴは、まさしく原作の持つイメージそのものなのではなかったかと!
ブランドン君も、そのイメージを彷彿とさせる、まさに適役でしたよね〜良かったです。
多分に監督好みかとも思われますが・・・(笑;)
そして、ケヴィン・スペイシーの愛人である設定なんでしょうかパーカー・ポジーのキティって!?何か愛人持ちという生臭みが異様に無かった気もして・・・その点でも優雅なケヴィンのレックス・ルーサーでしたね!(笑)
Posted by ラクサナ at 2006年08月30日 01:33
は〜い! 私も夏休みを締めくくる最後の大作ってことで、見てまいりました〜♪
なかなか楽しめましたです(とは言え、途中ちょっと瞼が重くなった瞬間もありですが)
いや〜ブランドン君、良いじゃないですかー! 確かにCGっぽいところもあって・・あれやっぱり飛ぶところとか絶対CG使ってますよね?違う?それだけ人間ばなれした完璧な肉体(顔も)ってことでしょうかしらん・・
テーマ曲はやっぱり似てますよねん♪ ラク様の微笑ましい”お遊び”解ります!
そのTV俳優さんの件は知りませんでした。そのドラマも気になりますね>豪華キャストですし。
Posted by マダムS at 2006年08月30日 23:16
[Em153]マダムSさん
とうとう夏休みも終わりですね〜。
正しい今夏を締めくくる映画としては、やはりこの『スーパーマン リターンズ』でしょうか!?^^
なんていうか、スーパーマンってヒーローは絶対的な善のイメージが強くって、観ていても安心感がありますよね。
ブランドン君、やはりあの辺りはCGだったでしょうか、それだけお見事な容姿ってことですかね。
続編の展開も楽しみですよね♪
Posted by ラクサナ at 2006年08月31日 01:20
面白かったですよね〜!
私は『森のリトルギャング』と2本立てでこの映画を観たんですが、もうブランドン君があまりにもイイ男なんで全然眠くならず!(パイレーツはよく眠れたけど・・・)
やっぱりニコちゃんじゃなくて良かったね〜(爆)
そうそう、ブランドン君は先日婚約を発表したけど、中々消えないゲイ疑惑を払拭するために急いとか?な〜んちゃって・・・
Posted by nike at 2006年08月31日 20:28
こんばんは!
すっごいCGで迫力ありましたね。海のシーン凄かったです!
でもやり過ぎ!スーパーマンって感じもありましたが....
ロイス役はちょい合わなかった感じ...
Posted by margot2005 at 2006年09月01日 00:15
考えてみると「スーパーマン」って子供の頃にテレビでしか見たことなくて
電話ボックスで着替える超人、ってこと以外は全然わからないのです(^^;
「パイレーツ…2」で、前作の復習をしなかったことを後悔したので
これは前作を見てからにしようかと考えているのですが
なかなか時間がなくて見られない状態。。
予備知識なしでも本当に大丈夫でしょうか??

ケヴィン・スペイシー目当てで見たいんですけどね…
Posted by Ako at 2006年09月01日 17:37
[Em153]nikeさん

ブランドン君、良かったですよね〜!
ピチピチのブルーのコスチュームと、CGがかったお顔を保つために、
随分アチコチのムダ毛をジョリジョリしちゃったんだろうなぁ〜なんて・・・
(濃そうだもんね・・・ケヴィンの頭剃りの比じゃない? 笑;)
アタシャそんなこと考えてウットリ見てましたが・・・(オイオイ!)

おっと、ゲイ疑惑ですかい!?
それ思うと大変な作品ですよね〜監督にケヴィン・スペイシーに・・(爆)
そうそう、ニコちゃんスーパーマンは、思い描くだけでもコメディになっちゃいますよね。(^^;

[Em153]margotさん

ひゃ〜王妃さま、ご無沙汰しております.。m(__)m
ホント、やり過ぎで、それじゃ身が持たないだろう、スーパーマンさんよ!?
って感じなんですが・・・まっ、それがスーパーマンらしいってことでしょうか・・(笑)
久しぶりに脳天パーになって楽しめる作品でした。^^
そうそう、前作のロイス役、マーゴッド・キダーより、うんと可愛いケイト・ボスワースは好きですけど、
確かにバリバリ男勝りの女性記者には見えませんでしたよね。(^^;

[Em153]Akoさん

基本的にコレは前作観てなくても、全く問題ないんじゃないでしょうか。
スーパーマンは超人とはいえ、地球人じゃないってことだけぐらい知ってればOKかな?(笑)
そうなんですよね〜今は電話ボックスって無いじゃないですか〜!
スーパーマンは何処で着替えるんだろ?お着替えのバリエーションは減りますよね。^^;
ケヴィン・スペイシーも、良い切れ具合ですし、ブランドン君も素敵なんで、
是非、お時間のある時にご覧になって下さい!^^
Posted by ラクサナ at 2006年09月01日 18:55
度々お邪魔します!
「ハリウッドランド」ですが、現在開催中のヴェネチア映画祭でもコンペに出品中のようです♪ 映画祭に出席したスカちゃんやジョシュの写真を入手しましたので記事にしました〜良かったら観てくださいまし。
Posted by マダムS at 2006年09月02日 23:20
こんばんは。
暑い夏も終わって、はや9月。
8月はどうも暑さで脳がふやけていて(^^;
結局劇場観賞は2本でした。
この作品と「ユナイテッド93」
両極端な取り合わせです(^^;

私は前作は一本も見ていなくて、今回が初めてだったけど、結構楽しめました!!
いやぁ〜、良いですねぇ〜!
正義の味方!すかっと爽やかです!
でも最近の正義の味方は「スパイダーマン」にしろ「バットマン」にしろ、
あっけらかんとしていなくて、自分自身に対して悩む心も持っている・・・と言うのが、世相を反映していて、現代的というのでしょうか?
それにしても、初代のクリストファー・リーヴによく似た人を探し出したのには感心します!!
Posted by 紫の上 at 2006年09月02日 23:34
[Em153]紫の上さん
9月になって、少し秋の気配も感じられる今日この頃ですけれど、いかに映画館は涼しいとはいえ、なかなか空いた時間をやりくりして足を運ぶのも大変ですよねぇ。
でも極端な取り合わせとはいえ、8月の2本の作品を楽しまれたようで何よりです。^^
悩み多きヒーロー!
やっぱりその悩みは悪との闘いではなく、自分との葛藤ですよね。
そんなところに、ジーンとしてしまう魅力があるのでしょうか・・。
生まれた星も無くなり独りぼっちのスーパーマンに、地球での家族を与えてくれた今作でのラストにもジーンときてしまった私です。
ブランドン君、良かったですね!^^
Posted by ラクサナ at 2006年09月04日 01:41
[Em153]マダムSさん
きゃーー!
ヴェネチア映画祭!
『ハリウッドランド』も出品作ですか!?
スカちゃんやジョシュの作品&写真も楽しみ♪
いやーん、昨夜はお疲れモード、眼精疲労のピンボケ状態で、マダムSさまのコメントを見逃しておりました。。。m(__;)m
早速お邪魔しに伺いま〜〜す!
有難うございました。^^
Posted by ラクサナ at 2006年09月04日 15:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

『スーパーマン リターンズ』
Excerpt: 今回のスーパーマンってCGですよね? え、違う?(笑) 夏休み映画の締めくくり! 楽しんで来ました~♪ 『スーパーマン リターンズ』 2006年 アメリカ 監督 ブライアン・シンガー 音楽 ジ..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-08-30 23:07

スーパーマン・リターンズ
Excerpt: 5年前、地球から忽然(こつぜん)と姿を消したスーパーマンは、自分の過去を探して宇宙を旅していた。しかし、故郷の惑星、クリプトン星が放射能に汚染された廃墟になっていると知った彼は、第2の故郷であるスモー..
Weblog: ALL MY LIFE
Tracked: 2006-08-31 20:29

「スーパーマン・リターンズ」
Excerpt: 「Superman Returns 」2006 オーストラリア/USA 「バットマン・ビギンズ/2005」に触発されたのか?で?“スーパーマン”の再登場! 20年ぶりということだが...そんなに前..
Weblog: ヨーロッパ映画を観よう!
Tracked: 2006-09-01 00:12

「スーパーマン リターンズ」 人間「スーパーマン」を描いた良作
Excerpt: ブライアン・シンガー監督の「スーパーマン」へのオマージュがあらゆるところで感じら
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2006-09-07 22:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。