2006年09月29日

イルマーレ

IL MARE.jpg



IL MARE-4.jpg  
海辺に立つ一軒の家と郵便受けを媒体に、2年の時を隔てた若い男女が“手紙”のやり取りで愛を育んでいく・・・・という、オリジナルの韓国版『イルマーレ』。


オリジナルは韓国のお話でありながら、音楽はジャズ、海辺に立つ洒落た家は美しくはかなげで・・・何処かよその国の雰囲気もあり、主演のイ・ジョンジェもチョン・ジヒョンも初々しくて、後でチョン・ジヒョンが“猟奇的な彼女”だと知って、ぶったまげた記憶もありますが・・・(^^;

リメイク版の『イルマーレ(原題:THE LAKE HOUSE )』は、音楽も展開も非常にアメリカらしく・・・ありえない時限を越えた愛にも、それなりの説得力を与え・・・
愛を育むのがキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックということで、随分大人のラブストーリーになりました。
さて『スピード』コンビの「異常な状況で生まれた恋」は今回成就するのでしょうか・・・・exclamation&question



湖の岸辺に建つガラス張りの一軒家。
その家に住んでいた女医のケイト(サンドラ・ブロック)は、仕事の為引っ越す事に成り、次の住人に手紙の転送を頼むため、郵便受けにメッセージを入れる。
建築家のアレックス(キアヌ・リーヴス)は、父の設計である懐かしいその家を買い取り、引っ越してきた日に、郵便受けにケイトのメッセージを見つける。
だが、長年空き家となっていた家であった為不思議に思う彼は、ケイト宛に返信のメッセージを書き、郵便受けに入れてみたのだが・・・・。


オリジナルの韓国版を観たのは、もう随分前だけど、当時『リメンバー・ミー』と、この『イルマーレ』を立て続けにビデオ鑑賞して、時空を超えた愛2作品ということで、結構印象に残っています。
詳細は忘れているけど『リメンバー・ミー』は、無線が媒体で確か20年ぐらいの時を隔てた二人だったでしょうか・・・。
確かコッチは日本がリメイクしたんでしたよね。

そして『イルマーレ』は2年。
いいじゃんネ!2年ならね・・・。(^^;

時空を超えるというと、SF的でもあるけれど、あくまでもコレはファンタジー・ラブロマンス揺れるハート
2年という歳月を隔てた二人。
普通に今は1人の誰かでも、さっき偶然道ですれ違った誰かと、2年後には知らないうちにめぐり合い、恋に落ちて寄り添っているかもね・・。
そんな感覚を大事に、ちょっとハラハラしながら楽しめるラブストーリーだと思います。

『イルマーレ』のリメイク版は、キアヌが建築家で、サンドラが女医という設定も効いています。
(この職業の取り合わせは、最近観ていたTVドラマ『結婚できない男』に似ていますが・・・やっぱり縁遠いのかしらね?笑;)
『イルマーレ』は、日本だけのタイトルのようですが・・・
「湖のお家」じゃ、ちょっと味気ない気するし「イルマーレ」というタイトルもちゃんと納得の使われ方をしています。
その分、オリジナルに比べて、あの家と郵便受けの使われ方は、案外アッサリ目でしたね。
湖畔に立つガラスの家ってなもんは、何となく海辺より淀んで見えまして、どうやっても住みたくはないですけどね。(ジェイソンが出てきたら何処に隠れるんだ〜!? 爆;)
やはりリメイク版は、キアヌとサンドラの二人の絡みが見所の、結構な接近戦での時限を越えたラブストーリーとなりました。

IL MARE-2.jpgっという訳で・・・
オリジナルと概ねストーリー展開は同じなものの、
前述したような大人の二人と、判りやすく描かれたストーリー展開にラストもハリウッド風味な作品で、親近感も覚えるし、それなりにシットリと楽しませてくれました。

posted by ラクサナ at 01:48 | Comment(15) | TrackBack(3) | 2006年 9月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
おはよーございますぅ〜♪
そうそう、あの手のおうちは眺めるにはいいけれど住みたくはないですねん・・
森の中の湖畔というロケーションは素敵ですが・・(^^;)
あり得ないと思いつつ”ちょっと信じて”みたくなる女心・・新旧両作の女優さんがそれぞれのカラーで演じていて見比べるのも面白いですよね(私はつい最近もう一回見なおし致しましたですよ〜細かいところ忘れてたので)
プラマー父さんとのエピソードはリメイク版の方が丁寧に描かれているので、解りやすいし納得いくものでしたー。キアヌの泣き顔もグッときますしね(^^)v
Posted by マダムS at 2006年10月04日 07:12
オリジナルの女の子より、ケイトの雰囲気が好きだわと思ってみていたのですが、ラストでずっこけました。
ちょっとぉ、ゴードンに対して、あんまりな仕打ち。ケイトに怒っちゃいました。(爆)
アレックスは、キアヌの素に近いような気がして、とっても良かったです。
今回の来日で生キアヌが見られて、大感激でございましたわ。
Posted by MACHI at 2006年10月04日 08:57
一番上の写真のように、時は違っても同じ空間に2人を置いたりして
たしかにハリウッド版の方が、わかりやすかったですよね。
どちらの『イルマーレ』も、それぞれに好きですが
やっぱりオリジナルの可愛らしいラブストーリーの方が
いつまでも心にのこっていきそうです。
Posted by Ako at 2006年10月04日 17:17
[Em38]マダムSさん

さすがマダム、オリジナルも再見されましたか!?
私もちょっと観てみたくなりましたけれど、なかなか・・(^^;
プラマー父さんは、ホント、良かったです。オリジナルの方は、その部分が思い出せないんですよね。(笑;)
キアヌって、こういう普通の等身大の演技を見ると、ぎこちない部分がかえって素敵だったりしませんか?泣き顔もいいですよねぇー![Em139]

[Em38]MACHIさん

ゴードンって、あのサンドラの婚約者でしたっけ???
そういえば、あの人は気の毒でしたねー。
のっけから添え物扱いかも!?(笑;)

ひゃ〜また生キアヌにお逢いとは羨ましい!素のままのキアヌは、やっぱりアレックスでしたか!?

[Em38]Akoさん

ストーリーや映画の醸し出す雰囲気がいつまでも心に残っていくのは、やはりオリジナル『イルマーレ』だと思います。
時間を隔てて手紙というもので心を通わせるのが似合うのも、あの二人でしょうねー。
リメイク版は、あくまでもキアヌとサンドラの印象が残りそう。

でも郵便受けに手紙ってのも最近は少なくなりましたね〜。
殆どダイレクトメールばかりで・・・何だか郵便受けの有り難味も無くなってきて可哀想!(^^;
Posted by ラクサナ at 2006年10月04日 22:35
見たいけど、ちょっと見に行けなくって、
悔しい思いしています(;;

オリジナルは、韓国版のDVDまで持ってるんですよ〜〜
もう、全てのシーンを思い出せるくらい
頭に残ってますわよ(笑)
オリジナルのお家は、台風でとっくに沈んじゃったみたいですが、こちらは、湖だから大丈夫なんでしょうね(笑)
Posted by キウイ at 2006年10月05日 00:20
おじゃましまーす☆
日本のこの季節の公開は正解ですね。
あの湖の景色やシカゴの街並みがとても綺麗でした。でも皆さんおっしゃってるように、あの湖の家は住むのはちょっと・・。震度いくつまで耐えられるのかな?と無粋な事を見ながら思ってました(^^;)
キアヌのアレックスは、等身大で控えめな誠実さが随所に出ていて、とっても素敵でございました。あのダンスのシーンはどきどきしながら見ていたんですけど、12年前に「ベストキス賞」を受賞している二人だけあって、キスシーンもいやらしくなく、汚くなく、しっとりと大人のラブストーリーでした♪
Posted by mei at 2006年10月05日 01:19
[Em38]キウイさん

おっと、リメイク版はまだ観てらっしゃらないですか・・・。
オリジナルの『イルマーレ』は私も好きな作品です。
そう言う割には、当時続けて2回しか観てないんですけど・・・(^^;
あの海辺の家も印象的でしたね〜!
台風で無くなっちゃったとは!(爆;)
リメイク版で、サンドラが読んでいた「説得」は、『高慢と偏見』の時に確か伺った映画版では「待ち焦がれて」なんですね〜!(マダムの所で、ハッと致しました・・^^;)
やはり米の恋する女性にも、オースティンは必読書なのかな。
是非是非、このリメイク版も楽しんで下さいませ!
深まる秋にはやっぱり恋愛物ざんすよね!^^b

[Em38]meiさん

正しい秋の恋愛物。
等身大のキアヌの魅力も堪能ですね!^^

うひゃ〜!
>12年前に「ベストキス賞」を受賞している二人・・

ってことは、あの「異常な状況で生まれたキス」ですね!?
キアヌとサンドラって、何か恋人同士っていうより、それを超える身内的感覚まで感じてしまって、ラストのキスシーンは、12年前のソレと同じように安心して見てしまった私です。(笑)
この二人だったら、ラブコメも楽しそうですよね〜後12年は(諸事情から・・爆)待てない気もしますが、今度はソレで共演して欲しい気もします。^^





Posted by ラクサナ at 2006年10月05日 18:00
ラクサナさん、この間はお土産まで頂いてありがとうございました。

以下ネタバレ

さて、この映画のハリウッド版ですが結局彼らの恋は4年の歳月をまたがっているんですよね?
韓国では2年だったのでちょっと話がこんがらがっちゃって、私の友人も「訳がわからん!」ってメールしてきました。^_^;
韓国版のラストに納得いかなかったのでかなり気分スッキリです!
しかし、手紙の中で「あと2年待って」って言われたアレックス君は大人しく2年も待ったのですね・・・
私には無理だなあ(>_<)
Posted by nike at 2006年10月06日 17:52
[Em38]nikeさん

どうもどうも、コチラこそありがとうございました。m(__)m

結局、4年前のあの時に、しっかりくっつけば良かったのに・・・婚約者もたいしたこと無さそうだし・・・みたいな?(^^;
ハリウッド版だと、アソコまでしっかりお膳立てしないと、総すかん食っちゃうんでしょうかね?
キアヌとサンドラの二人だったら、「そうかもしれない?」で終わるのは似合わないですもんねー。(笑)
ちなみに私も2年待ちません・・。(爆)
Posted by ラクサナ at 2006年10月06日 22:57
こんにちは! TBさせていただきました。
私は30代の独身ですし、オリジナルを知らずに見たこともあって、
この映画の二人には、かなり感情移入して見ちゃったのですけど(笑)
同じ独身仲間の友達でも、サンドラの役柄に「ゼンゼン共感できない」という人もいました。
「やっと運命の人が見つかったんだから、
フラフラしないで待ちなさいよっ!」
ってコトらしーんですが(笑)。
でも、彼女が不安に感じて揺れちゃう気持ちも、よくわかるんですよねぇ。

あ、別記事ですが
ギドクの『弓』の感想、楽しみにお待ちしています!
Posted by ゆっこ at 2006年10月07日 16:49
[Em38]ゆっこさん

初めまして!
TB&コメントありがとうございます。

サンドラのように感情が揺れる気持ち、判りますよね。
だいたい『運命の人』っていうのも、当事者には、そう簡単に判るもんっじゃないし・・(^^;ゞ
でも、オリジナルよりハッピーなエンディングを観て、2年待てる男なら正解!って思いましたよ!(笑;)

ひゃ、ギドクの『弓』、なかなか言葉で表現するのも難しい映画ですよね。
ゆっこさんはもう観ていらっしゃるんですよね!早速ソチラへお邪魔してレヴューを拝読したいと思います。
これからも宜しくお願いします〜!^^
Posted by ラクサナ at 2006年10月09日 15:29
最近ではこんなにしっとりとした、大人のラブストーリーを見たのは珍しかったけど、
いやぁ〜とても良かった!!
私も大分前に韓国版を見ていたので、リメーク版のような父と息子の葛藤部分は記憶の彼方です。
プラマー父さん、存在感ありましたねっ!
サンドラは「スピード」の時と比べると成長して、サナギが蝶になった感じがしたけど、
キアヌはあまり変わっていないような・・・。永遠に青年という初々しさを持ち続けていますねぇ〜!
そこがまた良いのだけど・・・。
あのダンスシーンの彼の繊細な表情が好きですわぁ〜!
Posted by 紫の上 at 2006年10月09日 22:56
[Em38]紫の上さん

実は私はサンドラって昔ちょっと苦手な女優さんだったんですわ。(^^;
でも最近の彼女は、コメディエンヌっていうより、しっとりとした大人の女性の役柄が似合うようになってきて、好みになってきました。
この作品での彼女は良かったですね〜!
キアヌの・・
>永遠の青年ぶり
いいですよね。^^
私も彼のたまに見るラブストーリーは何故か心惹かれます。(#^.^#)
Posted by ラクサナ at 2006年10月11日 00:02
ビデオになってやっと、観ることが出来ました〜〜
いやあ、想像してたのより、ずっとよかったです!!!
久しぶりに素敵なラブストーリーに出会った感じです、「説得」の使い方も説得力ありますよね!
父子の葛藤も、韓国版のほうもじっくり描かれてますよ。ただ、父親の台詞がなく、父の淋しげな視線だけでしたが・・・
それから、韓国版で印象的な台詞があるんですよ、「どんなに他人に隠しても隠し切れないものが
3つある、それは、貧乏なこと、風邪を引いたとき、恋をしてるとき」

ラストはアメリカ版のほうが納得。ところで、あの弟君は?ちょっと気になったんですが・・・お育ちが良さそうで、繊細で。
Posted by キウイ at 2007年03月09日 01:27
[Em38]キウイさん

リメイク版ご覧になったんですね。
オリジナルに造詣が深いキウイさんも楽しまれたようで何よりです!^^
韓国版のその台詞は、イ・ジョンジェのものでしょうか?
なんか片思いの気持ちが切々と伝わってきますね。。。

アメリカ版のアレックスの弟君!?
ん〜〜〜だいぶ記憶が曖昧ですが・・・
調べるとエボン・モス=バクラック でしょうか。
Posted by ラクサナ at 2007年03月10日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

『イルマーレ』 韓国オリジナル版とハリウッドリメイク版
Excerpt: それぞれの良さがあると思いますよ・・・ 『イルマーレ』 2000年韓国 (原題)IL MARE 監督:イ・ヒョンスン 出演:イ・ジョンジェ/チョン・ジヒョン 「シュリ」('99)を観た後、韓..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-10-03 22:11

大人のおとぎ話〜イルマーレ
Excerpt:  オリジナルの韓国版を先に見ると、どうしてもネガティブな感想になると思い、ハリウッド版をまず鑑賞したが、やっぱりそうして正解だったかな。二つの映画のお国柄の違いや演出上の工夫を比較しながら、比較的私は..
Weblog: まったりインドア系
Tracked: 2006-10-07 16:00

イルマーレ
Excerpt: 2006年9月23日公開  原題が「THE LAKE HOUSE」。あざといですねえ。アメリカじゃあ誰も本家韓国版「イルマーレ」観てないでしょうから、なんとなくオリジナルっぽい体で公開しちゃおう..
Weblog: 金言豆のブログ ・・・映画、本について
Tracked: 2006-12-28 12:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。