2006年10月19日

サンキュー・スモーキング

Thank You for Smoking-4.jpg

予告編も痛快でしたが・・・・
(結構予告がいいシーン流し過ぎ!?)
話術で世間を煙に巻いた?作品。
原作はクリストファー・バックリーの「ニコチン・ウォーズ」。

1日1,200人殺すタバコ業界。
その顔ともいえるPRマンの、何をも恐れぬ話術と情報操作とは!?

いやはや面白い・・・
冒頭から一気に見せます聞かせます・・・
出てくる台詞が、いちいち痛快で小洒落ていて、スパイシーな風刺コメディでしたねぇ〜わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


Thank You for Smoking.jpg喫煙タバコ研究所アカデミー専属のPRマンで、その天性巧みな話術で情報操作の王という異名をるりニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は、タバコ業界への近年のバッシングをかわすことがお仕事。
実生活では離婚した妻との間にいる一人息子のジョーイ(キャメロン・ブライト)が泣き所。
反タバコ法案を掲げ厳しくバッシングを続ける上院議員のフィニスター(ウィリアム・H・メイシー)をかわし、ハリウッドスターも駒として、あの手この手で戦略を展開するニックだが、思わぬところで落とし穴にはまってしまう・・。
禁煙

「“タバコ”っていうのは、ポルトガルからの外来語だったんだな・・・」
なんてことを考えながら、冒頭のタバコのパッケージのデザインをバックに、テクッス・ウィリアムズの「Smoke, Smoke, Smoke That Cigarette ♪」が流れるシーンのスタイリッシュさと「スパスパ吸って死んじまえ!」に思わず苦笑い。
それから抜け目無く始まるTVのトークショーのシーンの辛辣なユーモア。(笑)
タバコに髑髏マークvsキラキラ☆ハリウッドスターをタバコCMに起用。
そんな面白みも交えつつ、父と息子の愛情なんかも描いてますが・・・
実はこの作品はタバコの害やその会社や組織の裏側を探るようなテイストのものではなく、言葉で世の中を操っていく、その影響力をテーマにしたものでタバコは今や格好のネタってことなんでしょうかね。
自由の国のアメリカは、今やいろんなことから自由が危なくなってきております・・もの。(^^;

それにこの作品、主人公のニックを始め、出演者全員タバコを吸ってる姿は皆無でございます。
そんなことから、非喫煙者も喫煙者も情報操作には、する立場もされる立場も、努々ご油断めさるな!(笑;)


しかし、アーロン・エッカートは、まさに適役でしたね〜。
賢くて仕事ではしたたかなニックが、あんな若きパンダ姉ちゃんの記者に(爆;)引っかかるのもアーロンのアップ見てたらしょうがないかな・・・っとも思えるし(笑;)この二人の体育会系ベッドでの有様には大いに笑わせて貰いました。
息子役のキャメロン・ブライトは相変わらず見事な目鼻立ちがお顔の真ん中に集中してましたけど、父を慕う笑い顔が可愛かった!
後、ウィリアム・H・メイシーは勿論、KOOLってオチもちゃんとある肺がんの初代マルボロマン、サム・エリオットも最高でした。(^。^)y-.。o○

Thank You for Smoking-1.jpgアーロンとデヴィッド・コークナー、マリア・ベロトリオのお仲間集会もイイ味わいでしたが、気になるのは・・・デヴィッド演じるポリーが、大好物のチーズが乗った食べ物、(それでニックがはたと気がつくチーズネタの・・)あれはバーガーなのかケーキなのか???
なんかナイフを入れて崩れたはずなのに・・・最後にはちゃんと星条旗までひるがえってましたけど(思わず私身構えちゃいましたよ 笑;)・・・???

あ、そういえばロブ・ロウも出てたっけ!
あははは〜〜わーい(嬉しい顔)趣味良すぎ・・・でっす!
posted by ラクサナ at 17:40 | Comment(3) | TrackBack(1) | 2006年10月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
ロブロウのあの趣味にはひっくり返りましたねー笑
>パンダ姉ちゃん
ぶははは・・確かに。 妻子にも見抜かれてる女難の相?だけが玉に瑕ってキャラが、実にアーロン様にあってました。スーツ姿も爽やかで素敵なんですが、脱いだらかなりセクシーでしたよ「ブラックダリア」是非ご覧下さいませよ〜♪
今回のキャメロン君は笑顔が可愛かったですね〜ん
Posted by マダムS at 2006年10月23日 19:47
いや〜ん、昔、大好きだった正統派美形のロブ・ロウが〜〜〜。

エンドクレジットも楽しかったですね。
マルポロのパッケージだけど、おや、文字はマルボロでなく、マリア・ベロだとか。(笑)

とにかく、楽しい話でしたね。(^O^)
Posted by MACHI at 2006年10月23日 19:48
[Em66]マダムSさん

>脱いだらかなりセクシーでしたよ「ブラックダリア」

うわうわ〜!っと一人で喜ぶタメにも、是非観たいです〜『ブラックダリア』!^^
今回のキャメロン君は、マダムも大丈夫のようで、ホッと致しました。(笑)
今作も実に今のアメリカらしい作品で、アーロンも、まさに適役でしたね〜!

[Em66]MACHIさん

あひゃひゃ〜お久しぶりのロブ・ロウ、すっかり・・・・・で、ジャポネ・オタでしたね。(笑;)
タバコのパッケージのデザインも本当に楽しかったですね〜♪
マリア・ぺロなら吸ってみたい方もいるのでは???(^^;
Posted by ラクサナ at 2006年10月25日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

『サンキュー・スモーキング』
Excerpt: ディベートって面白い・・ 話術は剣よりも強し?? タバコの”害”の映画?ときたら、99年作の「インサイダー」を思い出しちゃいましたけど、これはそういうお話じゃなかったですね(笑) 『サンキュー・ス..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-10-23 19:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。