2006年10月31日

西瓜

suika.jpg冒頭、いきなりのスケベシーン全開に仰け反る!

それでも・・・
ああ、こんなにも純愛(プラトニック)。
男も女もつらいよexclamation楽しいよるんるん喉が渇くよ晴れAV男優編exclamation&question


『楽日』に続く、ツァイ・ミンリャン監督作、同日2本目の観賞です。

主人公のリー・カーション演じる男性がAV俳優という設定から、随所に過激な性描写が描かれて、本国でも審査の基準を巡って社会的な論議が巻き起こり、結果的に年間興行収入第1位を記録する大ヒットとなったそうである。
2005年のベルリン映画祭銀熊賞(芸術貢献賞)受賞作。

異常気象なのか何なのか、極限状態の水不足が続いている台湾の街。
TVでは節水を呼びかけ、西瓜ジュースで喉の乾きを癒すように推奨している。
とあるマンションの一室では、西瓜を小道具にしたAVの撮影が行われており、
かたや別の階の一室では、旅行から帰ったばかりの女、シャンチー(チェン・シャンチー)が、スーツケースの鍵を無くし困っている。
シャンチーは街で偶然出会った男、シャオカン(リー・カンション)を、スーツケースをあけて貰うため部屋へ招き入れるが、言葉を交わすことも無く、二人は互いに惹かれあっていく。
しかし、シャオカンはシャンチーに知られたくない秘密があった。
シャオカンはシャンチーと同じマンションの一室で、AV男優として過酷な撮影現場で働いていたのだった・・。


suika-2.jpg suika-1.jpg


とにかくエロいシーンが多い!(爆;)
言葉が無い、台詞が殆ど無い、あえぎ声しか・・・・!がく〜(落胆した顔)(大爆;)
いきなりのAVの撮影現場に驚くも、西瓜の使い方の上手さに唸らされる。ひらめき(笑;)
水不足の台湾という設定から、皮肉にも画面は水っぽいシーンやら濡れ濡れシーンで溢れかえっている。雨
面白い、面白すぎる突然のミュージカルシーンるんるん
出逢った二人は、彼女の部屋で面白おかしく美味しそうに共に食事をする。
やたらと西瓜ジュースを飲む彼女が勧める西瓜ジュースを、男は飲めない・・・・・切ない可笑しい・・・。
男の秘密を知った女に、最後の最後に溜め込んだ思いをぶつける男の爆発ダッシュ(走り出すさま)
それでも・・・・この二人はプラトニックのまま・・・・よねexclamation&question


ちょっと生理的にキツイ気もしますが・・・これは面白かったですね〜exclamation
ツァイ監督らしいラブ・コメディの逸品を堪能させて貰いました。
主演の二人は、先に観た『楽日』にも出ていた、モギリで片足の不自由だったお姉さん役のチェン・シャンチーと、映写技師役のリー・カンション。
ツァイ・ミンリャン作品では御馴染みの二人ということですが、チェン・シャンチーは同じ女性とは思えない程の変わりよう。
この作品は、ツァイ監督の『ふたつの時、ふたりの時間』に登場した主人公2人のその後の再会を描いているのだそうだけれど、私は前作を未見なので、二人が初めて会ったようにしか見えなかったけれど、その点での支障はありませんでした。
そして、AV撮影で大胆かつ笑える演技をば披露してくれるのは、日本のAV女優、夜桜すももさんであります。
すももさん、これで演技開眼しちゃったらしく、AV女優は卒業して、演技の勉強をしているのだとか・・・(^^;
どうでもいいけど、頑張って欲しいです。。。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

posted by ラクサナ at 21:38 | Comment(5) | TrackBack(1) | 2006年10月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
なかなか刺激的な作品のご鑑賞で。
あら、男が主人公なんですね。
チラシを大雑把に読んだ時は、女性が主人公のオムニバスだと思っちゃってました。
東京でも渋谷の1館くらいしか上映していないのですが、面白いなら観にいってもいいかな。(^_^;
Posted by アンパンまん at 2006年11月08日 21:54
強烈な映画なんですが、とても気に入ってしまいました。
ミュージカルシーンは最高ですよねー。
すももさんはマジで演技の勉強をしているんですの?
マレーシア舞台の新作を映画祭で観る予定です♪

Posted by かえる at 2006年11月08日 22:36
[Em3]アンパンまんさん

この作品は、男女二人が主役ってことで!
あと・・・西瓜もかな?(^^;
いや、なかなか凄い作品ですが、面白かったですよ、私は!
台詞も殆ど無いのに、惹きつけられて、辛かったり切なかったり、笑ったり、ホヘーー[Em144]っとなったり・・・!(笑)
宜しかったらお試しを!^^b

[Em3]かえるさん

早速コメント有難うございます。
私もかなり楽しんで参りました。
この意表をついたミュージカルシーンは最高ですよね♪
映画祭でご覧になるのは、最新作の『黒眼圏』ですね!
また新たな蔡明亮ワールドの感想、心待ちにしています♪
すももさんはマジで修行中?のようですよ。^^
Posted by ラクサナ at 2006年11月09日 01:14
いや〜ん、もう。
このチラシ画像だけでドキドキしちゃいますね。
続く「40歳の童貞男」(文字をうつのも恥ずかしいわん)
どちらも興味津々です(^^* これはDVDレンタルを楽しみにしています♪

Posted by Ako at 2006年11月10日 17:42
[Em3]Akoさん

この『西瓜』は、相当なものでございましたよ!(笑;)
『40歳・・』の方は、タイトル程ではないですので、安心してレンタルしてきて下さい。
でも、借りるときにちょっと恥ずかしいかも!?(^^;
Posted by ラクサナ at 2006年11月11日 01:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26576749

『西瓜』 天辺一朶雲
Excerpt: クラッとスイカ酔い。ツァイ・ミンリャンの独創的な美学に酩酊。 雨が降らず水不足の台北。シャンチーは、偶然にシャオカンに再会する。すもものマタにすいかっ!まずはそんな衝撃カットに度肝を抜かれる。邦..
Weblog: かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
Tracked: 2006-11-04 01:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。