2006年11月20日

トゥモロー・ワールド

Children of Men-1.JPG

久しぶりのSFサスペンスにウキウキしながら観に行きましたけど・・
これは近未来のSFというより、もう今の時代の戦争、テロ、を彷彿とさせるようなシーンの連続・・・。
それも凄いカメラワークで観せて観せて・・・すっかり引き込まれましたexclamation×2

女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督が映画化した近未来SFサスペンス「子は鎹」exclamation&question
キュアロン監督といえば、私にはハリポタより『天国の口、終わりの楽園。』の方が音楽共々印象深いんですが・・・
古き良き時代のロックという扱い方で、やはりこの作品の曲使いも面白いるんるん

そんで・・・
クライヴ・オーウェンは、やっぱりいいなぁ〜っと揺れるハートもうやだ〜(悲しい顔)

Children of Men.JPG既に18年もの間子どもの誕生をみない西暦2027年、人類は滅亡の危機から未来に希望を無くし、世界中は暴力と無秩序により内乱やテロが横行し荒廃していた。英国政府のみは、不法入国者の取り締まりを徹底し、唯一一定の秩序を保っていた。そんな中、エネルギー省に努めるセオ(クライヴ・オーウェン)は、元妻のジュリアン(ジュリアン・ムーア)が率いる反政府組織“FISH”に拉致される。
ジュリアンの目的は、ある移民の少女を“ヒューマン・プロジェクト”という組織に無事に引き渡す為、セオに通行証を手に入れて貰うことだった。



ストーリー自体はありがちで、内容もとてもシンプル。
所謂、現代の少子化を通り過ぎて、子供ができなくなってしまった近未来。
原因不明といえども、何となく想像はつきます。
英国以外全部沈没”みたいな設定も、ちょっと笑えるくだり・・。

でもこれが・・・冒頭から深みがかったダークな映像が、荒廃した近未来、そして現代にもある戦争の雰囲気を思わせて、18歳にして世界で最年少と言われ尊ばれていた若者が、暴徒によって殺害され悲しむ人々の姿や、生きる気力を無くし、そこここで描かれる、テロと思しき爆破や内乱の映像がとてもリアル。どんっ(衝撃)
何と言っても、クライマックスに主人公が逃げ惑う姿を捉える、飛び散った血がそのまま画面にこびり付いた長回しのカメラのシーンは、リアルを通り越して、映画ではこれまでに観た事も無い緊迫感と凄まじさ!
この撮影は、どんなにか大変で緊張感のあるものだったでしょうね〜。
主演のクライヴ・オーウェンを始めとするキャストも、ジュリアン・ムーアやキウェテル・イジョフォー、マイケル・ケインと渋いですしね、一瞬ジュリアン・ムーアのSFってことで、どっかトンデッちやうんじゃないかと思ったりしましたが、これは大真面目に、あら〜〜?って感じです。(謎爆;)
Children of Men-4.JPGそんな時代の中に、人間らしさを演じるマイケル・ケイン。セオ役のクライヴ・オーウェンを助ける彼が、古き良き時代のヒッピーが年老いた感じで、ハッパを吸いながらディープ・パープルの“HUSH”を聴いたり、彼のテーマソングとも言える位の“RUBY TUESDAY”のカヴァー曲が流れるシーンが泣かせます。もうやだ〜(悲しい顔)

Children of Men-5.JPG

そして、セオが助ける黒人の少女とのシーンは、神々しいまでの感動があります。ぴかぴか(新しい)
生と死の狭間の中で・・・
やはり人類の希望は、自らの種の存続、子供なくしては語れないものなんだと、今更ながらに痛感。

とにかくシンプルにして、見せる、観せる、魅せる、作品でした。
ん〜もう一度観たい!
posted by ラクサナ at 17:47 | Comment(5) | TrackBack(2) | 2006年 11月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
久しぶりにTB送らせて頂きました〜♪(^^;)
私もこの作品、大いに気に入りました!
予告編はダイジェストみたいに見せ過ぎ(もうまったく!)なので、ストーリー展開がほとんど解ってしまい、「ベタ?」とやや引き気味でしたが、やはり好きなクライヴ氏出演だからと思い切って観に行って良かったですぅぅ〜♪
おっしゃるように、ストーリーはとてもシンプルなんだけれど、思っていた以上にぐいっと心を掴まれるシーンが多かったせいかな。 特にジュリアンとのあのピンポンキャッチの後すぐの衝撃がショック!(飛ぶ方も私好きなんですけど/謎爆) 
長回しのカメラワークも凄く斬新で見応えありましたよねぇ〜震えました!!
サントラも”買い”でしょうかねぇー♪
Posted by マダムS at 2006年11月25日 07:50
[Em108]マダムSさん

TB有難うございます。
確かに予告編は、見せ過ぎでしたよね。(^^;
この作品のストーリーがシンプルなせいもあるのでしょうが・・・
でもそれに負けない見せ場は大きかったように思います。^^
ジュリアンの飛んでかないけど・・・のショックは私も!(>、<)

音楽ネタでは、クライヴの兄さまの豪華な高層ビルの一室から見えるピンクのブタがどう見てもピンク・フロイドのパロディだったり、キング・クリムゾンが流れたり・・・エンディングはジョン・レノンだったりと楽しませて貰いました。
老ヒッピーのマイケル・ケインの存在も良かったですね。(TT)
サントラも欲しいし、やはりもう一回観たい!^^
Posted by ラクサナ at 2006年11月25日 22:18
ラクサナお母さま,お久しぶりです。ご無沙汰して申し訳ありません。

 これもまた 生命の神秘について深く考える機会を与えてくれた映画でした。
ジュリアン・ムーアのばびゅーん!がなかったのは…逆に笑ってしまいますわね。確かに。別の意味でばびゅーん!って飛んでたけど。
お母さまもクライヴ兄さん 好みなんですか??私は,クライヴ兄さんの髭限定で好みです。ウィルがお髭そっちゃったから残念でしょうがない。
Posted by Deanna at 2006年11月25日 23:10
こんにちは。

ラクサナさんのレビューをお待ちしていましたぁ〜!
さすがラクサナさん、音楽についてお詳しいですねっ!
私は映像のすごさに目が釘付けで、音楽はすっかり頭の上を通りすぎて、全然記憶にありません(^^;困ったものです・・・。
あれだけの死者を至るところで見せたのは、生に対しての感動を引き出すためだったのでしょうか?
あのクライマックスでは私も本当に感動して、崇高な気持ちになりました。
現実の出産でも生みの苦しみがあればあれほど、誕生の感動が強いのと同じですねっ。

現世界で、子供を虐待している、親たちに特にこの映画を見せたく思いました。

Posted by 紫の上 at 2006年11月26日 14:24
[Em108]Deannaさん

コチラこそご無沙汰しておりますが、お元気ですか!?
コメント&TB有難う♪
私もこの作品で、生命の神秘、人類の切なる希望を、とくと見せて頂きました。
子供が生まれない星、なんて話はスタートレックでも出てきたように思いますが・・・SFというより、もうこれは、今ソコにある危機状態の作品でもある気がしますよね。

おっと、やっぱりDeannaちゃんもクライヴ兄さん好みですかい?
そうそう・・ライカはお髭がないと、シマラナイですわよね!(笑;)

[Em108]紫の上さん

ひゃひゃ、コメント有難うございます。
結構暗くて、マジなトーンの作品だっただけに、この作品の面白い音楽使いには、楽しませて貰いました。

人々が全ての赤ちゃんや子供をかけがえのないものとして大切に思う気持ちを、この作品のような状況では無い現実でも持っていけるといいですよね。
そんな当たり前のことが難しくなってきている現代で、私もシンプルにして胸を打つ作品だと思いました。
Posted by ラクサナ at 2006年11月27日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

『トゥモロー・ワールド』
Excerpt: 2006年アメリカ/イギリス(原題:Children of Men) 監督:アルフォンソ・キュアロン「大いなる遺産」「天国の口、終りの楽園」 原作:「人類の子供たち」P.D.ジェイムズ 出演:クライヴ..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2006-11-25 07:36

Children of Men(2006,U.S./U.N.)
Excerpt: Clive Owenの剃り残しがありそうなあごひげを 今日もジョリジョリしたくてたまらないDeannaです。なんだかんだ言って,Clive Owenが出演している映画はここ数年全て制覇しているような気..
Weblog: The Final Frontier
Tracked: 2006-11-25 23:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。