2006年11月24日

レイヤー・ケーキ

LAYER CAKE-1.JPG来月公開の『007/カジノ・ロワイヤル』。
新ボンド、ダニエル・クレイグの主演作品ということで、別に予習という訳でもないですが・・・レンタルDVDで観賞してみました。

ダニエル・クレイグのボンド役に関しては「あ〜だ、こ〜だ」と文句ばっかり言われてきましたけど『カジノ・ロワイヤル』は、なかなか評判も上々の様子。
海から上がった、ボクサーおパンツ姿の予告編のお姿は別としてもわーい(嬉しい顔);なかなか楽しみるんるん
ダニエルに関しては、文句無く演技は上手いですしね。

で、このクライム・サスペンス。
J・J・コノリー原作からの映画化ですが、監督が『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』『スナッチ』のプロデューサー、マシュー・ヴォーンの監督デビュー作。
マシュー・ヴォーンっていうと、あの『0011ナポレオン・ソロ』の、ロヴァート・ヴォーンのご子息さまですよね。
Oh!スパイスパイ〜!
でもこの作品はスパイ物ではなく、麻薬ディーラーの生き残り作戦とでもいいましょうか・・・
これが、なかなか面白かったのであります。パンチ

ロンドンの裏社会、麻薬のディーラーとして着実に儲け、適当なところで引退しようと決意している、名も無き一人の男××××(ダニエル・クレイグ)。
彼はある日、組織のボスであるジミー・プライス(ケネス・クラナム)から呼ばれ、二つの仕事を依頼される。
それはボスの友人で、大物のエディ・テンプル(マイケル・ガンボン)の娘を探す事と、ギャングのデューク(ジェイミー・ファアマン)が運んできた大量のドラッグを売りさばく事だった。
だが簡単に思えたその仕事、大量のブツは残酷非常なセルビア人から強奪したワケありのヤバい品物であり、娘探しの方も難航する。
やがて名無しの彼は、自分が罠にはめられていることを知るのだが・・・・。


Layer Cake.bmp

まずダニエル扮する男が名無しってのが面白いですね。
ヤバい仕事をしながらも、裏社会のゴールデンルールを唱える、一見怪しげでも、実は普通な感覚の男の特性をよく表していて感情移入しやすい。
しかもダニエルには、どうしてもボンドよりは、裏社会でコツコツとソツなく働くコチラの役柄の方がピッタンコな気が・・exclamation&question(笑;)

ストーリーはクライム・ムービーよろしくクラクラするくらい饒舌に進んでいくのだけれど、名無し男以外に、クセモノ登場人物が多すぎて、そっちの名前を覚えるのが結構難儀で、途中「誰がどうしたって???」っと、判らなくなることも多々あり・・・(^^;b
でもマイケル・ガンボンとケネス・グラナムの両爺はシブトイ存在感です。(笑;)
私的に『新スタートレック』のオブライエンことアイルランド出身の名バイブレイヤー、コルム・ミーニーが出ているのが嬉しい。
そして、セルビア人のマフィアってのも、無茶苦茶恐そうでござんす。ふらふら
そんな中で、名無し男のマドンナ、シエナ・ミラーも出てくるワケですが・・・キスマーク
シエナってこんな役柄だと、どう見ても普通にイカレタそこそこ綺麗な姉ちゃんにしか見えなくて、それほど魅力的に感じないのは私だけ?(爆;)
音楽も、UKならではのロック系統仕様で、XTCからDuran Duran、ジョー・コッカーの唄う“悲しき願い”のエンディングへと、なかなか嬉しいセレクトるんるん

さて名無し男ダニエル・クレイグは、どうなっていくのか・・・
レイヤー・ケーキという原題からそのままのタイトルも、何層にも重なった裏社会での階層をケーキに表していて面白い。
美味しそうだが・・・コチラはそんなに甘くはない世界。

中盤の判り難さも何のその・・・
ラストもなかなかスッキリと気に入りましたよexclamationわーい(嬉しい顔)

さて、ダニエル・クレイグのジェームス・ボンドは如何にexclamation&question
posted by ラクサナ at 22:37 | Comment(8) | TrackBack(1) | 2006年ビデオ&DVD鑑賞作品
この記事へのコメント
ロヴァート・ヴォーンに反応!(笑)
ええっ!息子さんがもうそのような活躍をされていたとは!!(ってそういう年齢ですよねえ)
ん?あのバレエのマシュー・ボーンとは別人? おバカな質問でごめんなさい。
感想お待ちしております これ見損なったので。。。007は私ダメでした(^^;)
Posted by マダムS at 2006年11月25日 07:55
[Em73]マダムSさん

そうなんですよね〜あのロヴァート・ヴォーンの坊ちゃんが!・・・もういい歳です!(爆;)
奥ちゃんが、あのクラウディア・シファーだし、既に名プロデューサーのようです。^^

なんか↑の感想では、結構けなしてしまっている気もしますが、なかなかこの作品は面白かったですよ。
おっと、マダムは007ダメでしたか!?
明日観て来ますので、あまり期待しないように望みますわ。(笑)
レイヤー・ケーキでのダニエルさんは、ラスト辺りがバッチリ決まってなかなかでしたけど・・いかんせん足は短め!・・・ってそういうことでは無いですよね!?(笑;)
Posted by ラクサナ at 2006年11月25日 22:27
私はクレイグの復習と言うことで見てみました。
イギリスのギャング映画は初めてです。
はっきりと言えないのだけど、ハリウッド版とはちがう感じがしました。
いやぁ〜、次から次へと、一癖もある人たちが登場するので、名前が覚えられず、あたふたしたけど、結局治まるところに治まったかんじかな・・・。
クレイグって、余り背が高くないのですねぇ〜。今まで気がつかなかったけど。
でも180cm位あるそうだから、日本人に比べたら高いけど・・。
この役柄で、特にそう感じたのは、彼の回りの登場人物が余りにも屈強で頑丈そうな人達ばかりだし、クレイグが他の人たちと違って、普通の人みたいな感じだからかな?
この映画での彼は彼の身の丈にあった役柄という感じがしました。
でもやっぱり上手いけど・・・。
ラスト私も衝撃だったけど、気にいりましたよっ!
ケーキに切れ味よろしく、ナイフが入ったという感じです!!
Posted by 紫の上 at 2006年12月06日 18:35
[Em73]紫の上さん

ご覧になりましたか!
>ケーキに切れ味よろしく、ナイフが入った・・!!
わ〜紫の上さん、上手いっ!座布団一枚!^^
このラストは切れ味が良くっていいですよね。
クレイグさんが新ボンドとなるきっかけになった作品で(ついでにシエナ・ミラーともお遊びしちゃったみたいだけど・・^^;)、ストーリーもさることながら、見所はキャラクターそれぞれの持ち味にあるのかもしれませんよね。
こういうクライムムービーは好きなので、もう一度観てみたい気がします。
で、銃を構える姿や、ラストの白いスーツ姿は結構決まっていたクレイグだけど、私も身長180cmもあるのかいな?っと思ってしまいましたよ。(笑)
やっぱりこの人、筋肉質で肩がなで肩なのか、よほど仕立ての良いスーツでないと、何だか貧弱に見えちゃうかも・・。(^^;


Posted by ラクサナ at 2006年12月07日 01:03
いやぁ、面白かったですね!
って、実はあまりにも複雑すぎて、
1回目の本編鑑賞はホント「誰がどうしたって???」状態で
ワケわからなかったのです、私(ーー;)

コメンタリで監督自らの懇切丁寧な解説を聞いてから再度挑戦。
わかってくると、これがかなり面白い。
たぶん、もう1回くらい見るともっと面白いでしょう。
何度も楽しめる美味しい作品です。

セルビア人のマフィアはクレイグ以上に渋くてかっこよかったです♪
Posted by junko at 2006年12月15日 17:31
[Em73]junkoさん

そうなんです〜ちぃーと複雑なんですよね。
だからと言って、一度観ただけでもそれが苦になることもなく・・・何度も観れば又美味しい!?
ってことは、もう二つのエンディングもご覧になりましたよね?本編のが断然いいですが・・。(^^;

あのセルビア人マフィア役のマーセル・ユーレスさん、『GOAL!』で、ニューカッスルの監督役してましたよ〜渋いっすよね。
出身はお隣のルーマニアみたい。
Posted by ラクサナ at 2006年12月15日 23:19
レンタルで鑑賞。
ほー、この監督ってロバート・ボーンの息子なの。
登場人物多すぎ!
一度見ただけじゃ、よーわからへん。
伏線もわかりませーん。
わたしもコメンタリーを見て、何とか把握できましたよ。
で、続編を執筆中とか言ってたけど、ダニエルが007になっちゃったので、脚本ができても、出演できるのかいな。

そうそう、パフュームのベン・ウィショーは、最後の一発の奴でした。こんないかれた役やってたのね。
Posted by MACHI at 2007年03月17日 17:46
[Em73]MACHIさん

おぉ〜最後の一発野郎でしたか、ベン・ウィショー!
スッキリしました〜有難うございます。

ひゃ〜続編ありそうなんですか!?
ダニエル・クレイグが出られないと、どうなるのかな?っと思いますが・・・
ソレより、続編できたら又コッチを観直さないといけないかしらん?もう全然覚えてないもん。(爆;)
Posted by ラクサナ at 2007年03月19日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

レイヤー・ケーキ
Excerpt: 2004年 イギリス 2006年7月公開 評価:★★★★ 原題:Layer Ca
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2007-01-31 22:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。