2007年05月04日

ラヴソングができるまで

LoveSong.JPG
ヒュー・グラントとドリュー・バリモア初共演のロマコメ。
連休中、のんびり頭休めて癒されちゃおうかなの鑑賞わーい(嬉しい顔)

嬉し恥ずかし、80年代ポップネタを散りばめて・・・
音楽シーンもかなりお金かけているようで見応えあるし・・・
聴いた事あるみたいな曲の数々も手作り感があって面白いるんるん

ヒュー・グラント、踊りが苦手なのは分かるけど・・・わーい(嬉しい顔)
なかなか良い声してるし、素敵じゃありませんかハートたち(複数ハート)
セルフパロディの帝王道は、まだまだ続くexclamation&question(笑;)


80年代に一世を風靡した人気バンド、その名も“Pop!”の元ヴォーカリストであったアレックス(ヒュー・グラント)。
しかし当の昔にバンドを解散してソロデヴューした彼は、今では人気もすっかり影をひそめ、仕事といえば同窓会パーティーやら遊園地などで過去の持ち歌を歌いまわすだけの巡業生活。
そんな彼に、マネージャーのクリス(ブラッド・ギャレッド)は、幼い頃彼のファンであったという若き歌姫コーラ(ヘイリー・ベネット)からの、新曲を作って欲しいという仕事の依頼を持ち込む。
すっかり曲作りから遠ざかり、詩作には自信の無いアレックスであったが、観葉植物の水やりアルバイトに来ていたソフィ(ドリュー・バリモア)の口ずさむフレーズに作詞の才能を見出し、渋る彼女を誘い込み、起死回生の曲作りを始めるのだった・・・。


LoveSong-1.JPG冒頭のPop!のステージシーンが面白いですね。
キーボードやシンセドラムの弾け具合が、光り輝く80年代そのものるんるん
バラード曲なんかは、まんまWHAM!のケアレス・ウィスパー風味だし・・・。わーい(嬉しい顔)
まぁ作曲はするってことでヒューが「アンドリュー・リッジリー!?」ってことではないかもしれませんが・・・ (笑;)
あんまりアップは無かった気がしますので、ヒューの輪ゴム簡単整形法の成果が、分からなかったのが残念・・・(爆)

この作品の音楽は『すべてをあなたに』で、60年代のビートルズばりのオリジナル曲を手がけたファウンテインズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンジャーということで、この人なかなか上手いですねるんるん
既成の曲を使わずに全編オリジナルでテンぱってるのが、音楽的にも好感度大であります。
しかも、全編ヒューが歌うシーン多し。
こりゃ正直驚きました。がく〜(落胆した顔)
案外メインでデュエット歌ってるシーンより、遊園地のステージの腰痛かかえながら歌ってる姿にグッとしたりするのは、同病相哀れむ!?(笑)
でも落ちぶれたスターとはいっても、お仕事として割り切ってステージに立つ姿に、そんなに悲壮感が漂わないのもヒューならではの魅力。ハートたち(複数ハート)
でまぁヒューの踊りの方は『ラブ・アクチュアリー』の首相は踊るのシーンの方が見応えあった気がしますが・・・
変わらないあのオヤジ踊りは、演技なのか・・・地なのか・・・exclamation&question(爆)


LoveSong-3.JPGそしてピープル誌の“最も美しい人々”で堂々第一位に輝いた相手役のドリュー・バリモア。ぴかぴか(新しい)
ただ外見だけの評価じゃなく、彼女の内面から滲み出るような生活感のある魅力が評価されるってのは、人の意識も変わってきたな・・・っと嬉しい思いがしますよね。
彼女のロマコメディエンヌとしての魅力を最大限に引き出す相手は、アダム・サンドラーが一番なんじゃないかと、過去作を観ても思うのですが・・・
この作品では、ちょっと抑え気味に、ヒュー・グラントをひきたてる方に回っているのが、なかなか良かったです。
赤いドレスの胸元は、何とかならんもんかとは思いましたが・・・がく〜(落胆した顔)(爆)


LoveSong-4.JPGでもう1人、新人でありながら、なかなかの存在感と魅力をはなっていたカリスマアイドル、コーラ役のヘイリー・ベネットも良かった。
まぁあのお釈迦様には参りますが・・・ブリトニーとシャキーラを混ぜ合わせたようなカリスマぶりで・・・
そんなアイドルが、ヘンチクリンな東洋や宗教もどきに被れる様子も判る気がするし・・・
ヒューやドリューちゃんを相手にしても、シラーッと自然体で演じるアイドルぶりも、セクシーなステージもなかなか。

ストーリーの方は、曲作りのシーンも織り込んで、勿論お約束のラストシーンがまた盛大るんるんわーい(嬉しい顔)

ただできれば、もうちとこて技も見せて欲しかった気も・・・。
Pop!の相方も登場してもいいし、誰か本物の80年代ミュージシャンとかカメオで出すぐらいのオマケがちょっと欲しかった気もしますにゃ。手(パー)わーい(嬉しい顔)





posted by ラクサナ at 22:45 | Comment(8) | TrackBack(0) | 2007年 5月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
いやあ^^、ヒュー様見るだけで、
完全に元取っちゃうすぐれもの!!
楽しめました〜〜
Posted by キウイ at 2007年05月09日 08:57
[Em146]キウイさん

ホントホント・・・
もうソレだけで十分ですよね♪^^
ウチの次女が最近ヒューの大ファンで、
「ドコがいいの?」っと聞いたら・・・
「かっこいいシワ!」って言ってました。(笑;)

Posted by ラクサナ at 2007年05月10日 00:06
ワムの曲は耳にしているけど、よく知らないんですよ。
やっぱりワムに似てるんですね。
ヒューのルックスは、ジョージ・マイケルじゃんとかいう感想のブログもあったので、そうなのかと思いました。
生で見たヒューが長身だったので、それよりずっと大きいマネージャー役の人は、何センチあるんだろうと、一緒に行った友人と話してました。

エバー・アフターで見た生ドリューちゃんは、10代の頃荒れてたとは思えないほど、小柄でとってもかわいらしい人でした。年齢もあるだろうけど、お父さんが亡くなってから、より落ち着いてきたような。
「デート・ウィズ・ドリュー」でも、明るくてかわいらしかったです。
Posted by MACHI at 2007年05月10日 08:13
いやいや、ヒューさまがここまでやるとは思わなかったです!?
ちょっと斜めに見ながらも、結局彼の魅力にやられてしまったですが・・・。
本当に歌が上手いですよねぇ〜!!
見直してしまったです。
バリモアは昔から結構好きで、あのアダム・サンドラーとの「ウエディング・シンガー」は最高でした。もう彼女のとろけるような笑顔にやられましたです・・・。
で、今回も彼女は輝いていたと思います。
そうそう、私もラクサナさんと同じく、ヒューの引き立て役に回っていたと思いましたが・・・。
で、あの無表情でどこか東洋的な顔立ちのヘイリー・ベネットも良かったですよねっ。
最初、彼女は実世界でも歌手かと思ったのですが?
まぁ〜、あの大仏出現には本当にびっくり!
あの世で、仏陀もさぞ驚いていることでしょう〜。
あちらは何でもありですねぇ〜。
Posted by 紫の上 at 2007年05月10日 18:25
お邪魔しまーす。
これ、冒頭のビデオクリップシーンから、楽しかったですよねー。ヒューが結構歌えるのも、踊れるのも、ついでにかっこつけすぎないところも嬉しい驚きでした♪

そうそう、ホテルでの昔ギャルのイベントのステージやあの遊園地の余興のシーンもちょっと哀愁が漂っていて はまっていたと思うし、ソフィーが励まして自信を持たせるのもちょっといいシーンだったとおもいます(^^)
全体的に楽しくて、良い時間を過ごすことができた作品でございました☆
Posted by mei at 2007年05月10日 21:32
[Em146]MACHIさん

ワム!の大ヒットした“ケアレス・ウィスパー”は、西城秀樹がカバーした曲なんで覚えてみえると思いますが、何だかメロディラインがPop!の曲、よく似ていましたよ。(笑)
もっとも私は、どう見てもジョージ・マイケルの雰囲気は相方のほうで、ヒューでは無い気がしましたが・・・(^^;
マネージャ役のブラッド・ギャレッド、本当にデカかったですね〜コメディ出身で声優さんとしても有名みたいですが。
そういえばドリューちゃんのお姉さん役も、かなりデカかったですが・・・
この2人もいい味出してましたね。

「デート・ウィズ・ドリュー」、未見ですが、もうこの映画辺りでドリューちゃんの好感度は絶大になってきている感がありますね。
過去のいろいろな経験が今の彼女を作っているのだろうし、彼女も大人になりましたが・・・やはり顔立ちを見ていると、「ET」の頃とあまり変わっていない気がするんですよね。

[Em146]紫の上さん

本当に全編ヒューさまが主役で間違いなしのラヴソング・・・♪楽しかったですね。
私もいい声してるなぁっと驚きました。
ドリューちゃんの「ウエディング・シンガー」、私も大好きな作品です♪
彼女が登場すると、何だかぐっと画面が明るく暖かくなる気がしますよね。

ヘイリー・ベネットは、歌手デビューしても良さそうですよね。^^
あの大仏出現には、どっかのバーを思い出してしまいましたが・・。(笑;)

[Em146]meiさん

いらっしゃいませ!^^

ヒューのあの腰踊り、スパイダーマン3でトビー君もやってましたが・・・(笑)
冒頭のMVのシーンは本当に楽しかったですね♪
ヒューとドリューちゃんのパートナーぶりは、本当に微笑ましくて・・・
最後のエンドロールまで楽しませて頂きました♪
やっぱりGWで疲れを癒すのには好都合な作品、人気も上々でロングランになりそうですよね!^^

Posted by ラクサナ at 2007年05月12日 00:42
先日通勤帰り、カーラジオからどっかで聞いたような曲がと思ったら、ヒューとヘイリーのデュエットでした。早くもリクエストがあったようです。
ドリューのロマコメ路線は好感度大で、どれもハズレがありませんね。
Posted by たくろう at 2007年05月20日 00:00
[Em146]たくろうさん

おぉ〜ヒューとヘイリーの“ WAY BACK INTO LOVE[Em146]”
何気にカーラジオから流れてきたら素敵ですね!
映画の中ではドリューちゃんとヒューのデモバージョンの方も好きでしたが[Em146]^^
本当にドリューちゃんイイですよね!
ヒューと組んでも、初めてのようには見えなかったくらい・・・安心感がありますよね。
ロマコメ以外もできる女優さんですが、この路線もコンスタンスに魅せて欲しい気がしますよね。^^
Posted by ラクサナ at 2007年05月20日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/41004019
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。