2007年05月10日

スパイダーマン3

Spider-man3.JPGスパイダーマン第3弾exclamation
日本最速公開であるにもかかわらず、連休に見損なってやっと観て来ましたあせあせ(飛び散る汗)

前作が素晴らしかっただけに、世間の評判は賛否両論exclamation&question

でもでも、今作では、前作よりもハリー役のジェームズ・フランコの活躍をより見られるということもあって、私には超期待の作品ハートたち(複数ハート)

で、やっぱりいいんでないかいexclamation×2
アメコミらしく、サム・ライミらしく、ヒーローのダークサイドな面と、お笑いが一体化して、キャストの演技、持ち味も活きてるし・・・盛りだくさんexclamation×2

もうコレでシリーズは終わって頂いて、アタシは結構でっすexclamation(謎爆;)



今やニューヨーク市民のヒーローとして人気者のスパイダーマンことピーター・パーカー(トビー・マグワイア)は、恋人メリー・ジェーン(キルスティン・ダンスト)との仲も、学業も全てが順風満帆。
その日もメリー・ジェーンのブロードウェイでの初舞台を最前列で鑑賞するピーターは幸せそのものであったが・・・
スパイダーマンの正体を知り、ピーターを亡き父の仇と信じる、かつての親友ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)は、遂にスパイダーマンに牙をむくのだった。しかし、予期せぬ出来事がハリーに起こる・・・。
又、初舞台を新聞各紙に酷評され、舞台を降板させられたメリー・ジェーンは、苦しい胸のうちを舞い上がっているピーターに話せずにいた。
一方、大学で同じゼミのグウェン・ステーシー(ブライス・ダラス・ハワード)を助けたスパイダーマンは、名誉市民賞受賞式で又舞い上がり、メリー・ジェーンとの溝を益々深めていく・・・。
そんな中、新たな二人の敵がスパイダーマンに襲い掛かろうとしていたのだった・・・。


Spider-man3.-1.JPG

前作でも御馴染みのオープニングクレジット、今度はアニメではなく実写で今作に関係深い前2作品のシーンが織り込まれる。
この有難い演出、ちょっとコレ『パイレーツ・オブ・カリビアン』も、見習って欲しい気が・・。目(爆)


Spider-man3.-4.jpg冒頭のハリーとの対決!
いやもういきなりジェームズ・フランコとのアクションシーンで嬉しい揺れるハート
彼のいでたちがグリーン・ゴブリンのバッタもんみたいになってない点にも満足。手(チョキ)

Spider-man3.|2.jpgそしてその後はとにかくトビー君の、あの天然顔にイライラする展開が延々と続く・・。わーい(嬉しい顔)(笑)
それが長すぎる感もあるのだけれど、ブラックスパイダーマンと化してダークな姿を見せるものの、おチャラケなコメディシーンやダンスシーンも見せてくれるし、トビー君大奮闘と言った所。
とにかく今回は敵も3人と大変で、MJとの恋愛模様も三角じゃなくって四角関係ハートたち(複数ハート)exclamation&question

Spider-man3.-5.jpgピーターが謎の寄生生物にとりつかれ、そこからまた生まれ出るヴェノム役に、トビー君の金髪版のようなトファー・グレイスが配役されているのも面白いし、ギザギザな歯並びの邪悪なブラックスパイダーマンもなかなか。

Spider-man3.-3.jpgそしてピーターのトラウマ、(何故か)叔父さんの仇というとこで、サンドマンことトーマス・へイデン・チャーチが登場するのだけれど、逞しい体に憂いを秘めたお顔が・・・これまたなかなか・・『サイドウェイ』の彼とはエライ違いだね!^^
サンドマンに変身のビジュアルも見応えがあったし・・・
実は、同じく父殺しのトラウマで、ピーターの敵となるハリーの冒頭以降の心の展開に期待して、お涙とっておいた私は、見事にヘイデンとトビー君の“許し”のラストシーンに涙を獲られてしまいましたわ。(笑;)


そうそう・・演出チャチイと言えば・・(^^;
ハリーの心変わりを一発で決める執事バーナード役の爺様ジョン・パクストンは、ビル・パクストンの実の父ちゃんなんだってね・・・「もっと早く言えよ!」って感じですが・・・(笑;)
そして、ブルース・キャンベルは今回も堂々お楽しみシーンの司会役で登場るんるん

そんなお楽しみイッパイの展開だけに、所々演出の点では味気ないものになった気もするけど、それを補うだけのエンタメ性はあった気がします。パンチ

続編物ってイロイロと大変な面もあったでしょうが、3作ともこれだけ楽しませてくれたスパイダーマンシリーズには感謝感激exclamation

そんな訳で・・・今回の3でスパイダーマンの青春編は見事に終わりを告げた感がありますね。もうやだ〜(悲しい顔)
トビー・マグワイアは今回で降板かと思ったら、シナリオによっては続投もあり?なんて記事も読みましたが・・・
正直、今回も大奮闘のトビー君だったけど、青春編ギリギリの気がしたのは私だけexclamation&questionふらふら
続編があるのなら、キャスト一新で色気タップリ揺れるハートの大人のスパイダーマンってのがいい気もします。手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
バービー人形メイクのグェン・ステイシーを演じたプライス・ダラス・ハワード(原作では大きい役割?)だけは、勿体無いんで続投でもイイ気がしますがね。キスマーク




posted by ラクサナ at 16:26 | Comment(8) | TrackBack(1) | 2007年 5月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
待ってました〜〜
やはり期待を裏切りませんでしたね。サム・ライミ!

3作目にしてやっと、ジェームズがアクション参加ですね(トビーよりも、彼を見るために
!)
イノセントなジェームズも観れたし==
火傷のお顔は痛々しかったけど、トビーとも
仲直りできたし、そのままずっと・・・ってわけにはいきませんでしたが・・楽しかった満足ですよ〜〜〜〜
Posted by キウイ at 2007年05月10日 21:04
[Em127]キウイさん

あは〜やりましたね、サム・ライミ!
前作の素晴らしさは言うまでもありませんが、あのあまりにも優等生的な内容とは又一風違った3で、本当に楽しかったです♪
冒頭からのハリーを観ていたら、何となく想像がつく結末のような気がしていましたが・・・一作目のデジャヴのようなラストには、思わずジーンときてしまいました。
トーマス・ヘイデン・チャーチの、あのもの悲しいお顔も良かったですね。
ハリーの為にためておいた泣き所を、横からかっさらわれた気がします。(笑;)
Posted by ラクサナ at 2007年05月11日 23:56
な〜んかどっかで観た顔だな〜と思ってたらあの「サイドウェイ」のトーマス・へイデン・チャーチだったんですよね〜!随分鍛えたもんですね!で、そうそう彼に泣かされるとは思いませなんだ・・(TT)
ビルの谷間をシュルルと糸使って飛び交う爽快感を味わいたくて、とうとう3本とも劇場で観てしまいましたー。
今回で最終章とばかり思ってましたが、が、、? やっぱり今回で綺麗に終わった方がいいですよねぇ!? 
Posted by マダムS at 2007年05月17日 20:58
[Em127]マダムSさん

ホント、トーマス・ヘイデン・チャーチ、鍛えて雰囲気変わりましたよね。^^
確認する気はないですが・・・(^^;
この人若い頃「21ジャンプストリート」(ジョニデの出ている)に、1エピソード出演しているらしく、かなりの美少年だったようですけど、今後も味のある出演作を観てみたいですね。

私も、もう終わって貰ってもいいんですけど・・(笑;)
サム・ライミは、スパイダーマン4に、「Yes!」っと答えたみたいですね。
まぁこれだけのヒット作なんで、続編もありかと思いますが・・・トビー君続投でもいける、また見事な脚本ができるのかなぁ?難しそう!(^^;

Posted by ラクサナ at 2007年05月18日 17:50
シリーズ最後と思って、頑張ってみてきたら、まだ続く・・・と聞いて、がくっとしてしまったです。笑。気が抜けた感じ。
で、エピソードがてんこ盛りで、VFXも進歩していて、見所満点でしたよねっ!
でも、やっぱり、スパイダーマンの青春編ラストと私もしたいです〜!
友情あり、恋があり、嫉妬心あり、対決あり面白かったですねぇ〜!
そして、トビー君とフランコ君の善と悪の演じ分け、良かったわぁ〜!
特にフランコ君の笑顔が素敵でした!!
後、サンドマンとそれに金髪のヴェノム。
男達が生き生きとしていたのに比べて、MJがちょっと輝きが薄かったような気が・・・。
そうそう、NKで暴れるサンドマンはキング・コングに似ていたと思ったのですが・・・。
Posted by 紫の上 at 2007年05月23日 23:37
[Em127]紫の上さん

コレほどのシリーズヒット作を、ハリウッドが終わらせるってのも、逆に無理な気がしますが・・・(^^;
暫くはシリーズ3作の余韻に浸りたいですよね!^^
本当に善と悪、復讐と許しの演じ分けを二人で魅せてくれたことも良かったですよね〜!
そうそう、MJのキルスティンは、少々お疲れ気味の感がありましたが・・(^^;

サンドマン=キングコング!?
なかなか切ない設定、都会では生きていけないかもの怪物の悲哀・・・似ている気がしますよね。
サンドマンは何処へ?(TT)ゞ
そして・・トビーの叔父さんの最期が、ただ哀れなだけでは無かった事が分かったのも、良かったですよね〜!
Posted by ラクサナ at 2007年05月25日 18:08
今回のタイトルクレジットは良いアイデアでした
シリーズ物は、これ真似てほしいですね^^

今回、MJより目立ってたバービー人形メイクのグェンを演じたプライス・ダラス・ハワードは、ロン・ハワード監督の娘さんだそうで・・・
ちょいと頭の片隅に入れとこ

で、皆さんお気にのジェームズ・フランコですが、私にはジュリアーノ・ジェンマとかぶってるんですが・・
カウボーイハットも似合いそう

Posted by たくろう at 2007年05月27日 19:24
[Em127]たくろうさん

タイトルクレジット
いいですよね、前作はアニメ版でしたが、今回も、「そうだったな〜」っと思い出しての鑑賞に役立ちました。^^

プライス・ダラス・ハワード
ロン・ハワード監督、彼女を宿された場所が“ダラス”だったということで、このミドルネームが付けられたとのことですが・・・(^^;
ラース・フォン・トリアー監督作やM・ナイト・シャマラン監督作で、難しい役どころをこなす彼女、なかなか女優魂全開ですよね。
このグェン役でも、なかなかアメコミ風味全開の雰囲気で印象に残りますよね?^^

ジェームズ・フランコ
うひゃ〜ジュリアーノ・ジェンマときましたか!
いや〜なんか分かる分かる。。。(笑)
憂いをおびた瞳なんか・・・似てるかも。
フランコ君も最近では体を鍛えて、なかなかの男性美を発揮してますからカウボーイハットも似合うと思いますよね。^^



Posted by ラクサナ at 2007年05月28日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/41359492

完結したシリーズもの2本。有難うロッキー!さようならスパイダーマン!又は私は如何にして心配するのを止めて映画を愛するようになったか
Excerpt: なんちって。 ちょいと大げさで長いタイトルをつけてみたかったのでした!(爆) シリーズ第一作目が作られたのは30年前(日本では翌年公開?)。 夫と最初のデートで観たのがこの映画だったよなぁ~なんて思..
Weblog: Brilliant Days
Tracked: 2007-05-15 21:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。