2007年07月27日

傷だらけの男たち

kizudarakeno.JPG『インファナル・アフェア』の製作チームが結集!ぴかぴか(新しい)
ということで・・・トニー・レオンに金城君をキャスティングしたこの犯罪サスペンス。

観る前からハリウッドでのリメイクも決まっているそうで・・(なんじゃ? 爆;)
予告から楽しみにしていた作品です。

がしかし・・・
コチラは期待大で観ると、豪華なキャスティングの2時間サスペンスとしても(浜崎あゆみのエンディングや音楽がその安っぽさを増長!? 爆)、かなり食い足りない作り。
金城君やトニーの演技は見応えはあったものの・・・何だか残念。
実はトニー・レオンが主役だと思うんですが・・・
ちょっと体も演技もチッチャく見えてしまったのよね。ふらふら

こりゃもしかしたら・・・ハリウッドのリメイクの方が面白いかもexclamation&question



2003年のクリスマスを祝うバーでは、香港警察特捜班の刑事ボン(金城武)と、彼の上司で友人でもあるラウ(トニー・レオン)が、連続婦女暴行殺人犯をはっていた。
追跡の結果2人は無事犯人を逮捕する事ができたのだが・・・ボンが帰宅すると恋人のレイチェル(エミー・ウォン)は自殺していた。3年後ボンは警察を辞職し私立探偵に転職していたが、レイチェルの死から未だに立ち直れず、酒に溺れる日々を送っていた。一方ラウは、運送業で財を成したチェウ(ユエ・ホア)の1人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸せな家庭を築いていたのだが・・・・義父であるチヤウが執事と共に何者かに襲われ惨殺されてしまう。
そしてその犯人と見られる男たちがお互いに殺しあうという事件が起こり、チェウの惨殺事件は、一見解決したかのように見えたのだが・・・不審を抱いていたスクツァンは、ボンに事件の調査を依頼する。


kizudarakeno-1.JPG

冒頭、警察の追跡車を何台も入れ替えての、夜の高速道路での殺人犯追跡シーンは、非常に見応えがあって、久しぶりの金城武やトニーの面子の良さに、香港の町並みもスタイリッシュで、ドキドキワクワクの展開exclamation×2

その後ボンの恋人の死から、一気に暗い3年後のお話が展開していくいくわけですが・・・
この作品、実は前半でチェウの殺害犯人がわかってしまうという、度胸のある大胆なストーリー。どんっ(衝撃)
こりゃよっぽどその後の展開に自信があるんだろうな〜exclamation&question
凄い人間ドラマが展開していくんだろうな〜っexclamation&questionと思ってはみたものの・・・
やっぱりこういう展開は難しいですね。ふらふら
どうしてもサスペンスとしての魅力は半減するし・・・
かといって人間ドラマの部分、それぞれの関係や過去の部分は伏線も張られているけれど、それぞれの描写も微妙で、深く納得できるものになっていない。
まぁ何度も出てくる殺害再現シーンやら、オーバーな音楽にもちょっと辟易だす。(笑;)

kizudarakeno|2.jpgトニーの過去からの物語は、あまりに浅くベタで2時間サスペンスの域を出ていない物語を説明しているだけで、肝心の彼の心の部分の演出は、まるで浅くて冷ややかで・・・心に響くものもないし・・・
金城君に至っては、そこまでしたか?どうか?何だかよ〜わからんのね。
トニーのラストの展開も、随分強引だし・・・がく〜(落胆した顔)
kizudarakeno|3.jpg金城君に絡んでくるスー・チーの存在も何だかな〜でございます。
それぞれに辛い過去から傷を背負う男2人の切ない葛藤を見せたいという、やりたいことは分かる気がするんだけれど・・・トニーと金城君の演技なら、もうちと脚本だか演出だかウマくやってくれたら良かったのにね〜!
残念!☆☆てとこでしょうか・・・。



posted by ラクサナ at 22:18 | Comment(7) | TrackBack(1) | 2007年 7月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
私もこれは、ハリウッドのほうが面白いエンターテイメントアクションに作るかもと、思いました。
Posted by MACHI at 2007年08月07日 17:30
やっぱり正におっしゃる通りで、最初に犯人を明かしちゃってサスペンスじゃなくするんだったら、よっぽどその後の心理描写だの人間ドラマの面白さに説得力がないと貧弱なものになっちまいますよねぇ・・
うーん、残念!って感じですほんと。
ハリウッドリメイク版がどんなんか、今度こそ楽しみですわ(爆)
Posted by マダムS at 2007年08月07日 19:37
[Em103]MACHIさん

どうやらディカプリオは『ディパーテッド』に引き続きトニーの役らしいですね。
オリジナルで微妙だった部分がどう変わるのか?
今回は楽しみにしてもよいかな?(^^;
そういえば、アンドリュー・ラウ監督のくたびれたオヤジ(笑;)
リチャード・ギアの『消えた天使』は、なかなか面白そうですね?^^

[Em103]マダムSさん

ホント、せっかくのキャスティングでも、それに頼りすぎて、大胆なストーリーの肉付けが希薄になっちゃうところは実に残念でしたよね。
インファナル・・・のトニーの哀愁よ再び!っと思ってしまうんですけどね〜どうしても・・!^^;

Posted by ラクサナ at 2007年08月08日 01:24
今晩はー☆
毎日暑いですね、お元気ですか?

さて、この映画ですけど・・・
なーんかあっさりし過ぎていて拍子抜けしてしまいました。役者はよかったのに残念です。皆さんおっしゃるようにこちらはハリウッドリメイク版のほうが面白くなりそうかなと思いますね(*゚ー゚*)(*。_。*)(*゚-゚*)(*。_。*)
Posted by mei at 2007年08月08日 21:08
[Em103]meiさん

お暑うございます〜!
お元気でいらっしゃいますか?
もう立秋も過ぎたので残暑ですか・・・
いやもう毎日外へ出ると焦げてしまいそう!(爆)

この作品・・・トニーと金城君を拝めただけでヨシとしますか・・・どんだけ!?(笑;)
ハリウッドリメイクはディカプリオに誰を持ってくるんでしょうね・・・気になり・・?(^^;
Posted by ラクサナ at 2007年08月09日 00:52
まあ今思えば、「インファナル」は、香港映画にとっては奇跡と言ってもよかったんでしょうね(笑)

それにしても、これにはがっかりしました。
昔から香港映画の良さは、泥臭いけど、男と男の絆のかっこよさがたまらない魅力だったんだけど(その究極が「インファナル」)。
泥臭いスタイリッシュな映像にとことん
嵌っってたのに。らしさがどこにもなかったです===
Posted by キウイ at 2007年08月10日 00:55
[Em103]キウイさん

>「インファナル」→香港映画にとって奇跡[Em150]

ひゃ〜キウイさんがおっしゃると説得力あります。^^
そうですよね〜あれだけの作品、香港でなきゃできないかもしれないからこその奇跡!?

>男と男の絆のかっこよさがたまらない魅力

この作品では、共に苦しむ立場でありながらトニーと金城君の苦悩があまりシンクロしてこないんですよね〜。
そういえば映像もスタイリッシュではありながら、香港独特のいい意味での泥臭さ、暑苦しさが無かった気がします。

Posted by ラクサナ at 2007年08月10日 12:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/49806976

傷だらけの男たち <ネタバレあり>
Excerpt: 傷ついた二人の男の物語。久々の武ちゃんとの再会で 頭がかなり だったワタクシ(笑)哀しい役をやらせたら 武ちゃんたら もう最高っっ はまりすぎだぁぁ 美しすぎるぅぅぅ彼女をお姫様だっこして病院を走る姿..
Weblog: HAPPYMANIA
Tracked: 2008-01-06 02:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。