2007年09月26日

酔いどれ詩人になるまえに

factotum.JPG米じゃ、ちょっと通好みのカルトな無頼作家チャールズ・ブコウスキーが、作家として一人前になる前の修行時代(どんな修行やねん!? ふらふら爆;)を描いた自伝的小説「勝手に生きろ!」を基にした作品。
監督は『キッチン・ストーリー』のベント・ハーメルなんですね。

ブコウスキーの作品は、短編集の表題である「町でいちばんの美女」を読んでみましたが・・・
これに限って言えば、なかなかジャンクな中にも美しさや透明感を感じる物語でした。
そんな作家である主人公を演じるのがマット・ディロンということで、速攻鑑賞exclamation

酒と煙草を浴びるほど喰らい、自堕落な生活をおくるダメダメ男と女の話でも、な〜んか、えらく余裕を感じちゃう内容でした。
アートな物、絵にしても書く物にしても、そういった物を生み出す人間ってのは、心に余裕が無ければダメexclamation&question
生活に困窮しようが酒に溺れようが・・・どっか違うんだろな。
ってか困ってない気がするんですよね〜凡人にはねぇ。(笑;)

そんなところを、マット・ディロンが汚れ中年ながらも、どことなく持ち前の少年っぽさを匂わせて・・・
甘くウマく演じている気がしましたけど・・・ちょっとキレイ過ぎるかな?(^^;


映画の主人公は、マット演じるヘンリー・チナスキーなのですが・・・・
バーで知り合った女・ジャン(リリ・テイラー)と暮らし始めるが、彼女も飲んだくれで、酒とセックスだけの日々が続く──。

前述したように本当にどん底にいる者という訳でもなく・・・
自堕落な生活を送る意思のあるダメ人間!?
とでもいいましょうか・・・
なんとなく酒も飲んでるわけだから・・・
最低限でも生活はできてるし、女性にもある意味事欠かないし・・・
そして、そんな生活でもメモ用紙のきれっ端に作家としての執筆はちゃんとしているという・・・
まぁ後に成功することが歴然としている感がありますが、何処か確信犯的なダメっぷりexclamation&question
何処か幼稚な人間像もそれに拍車をかけて見える。
世間を斜に見ているけれど、何処か優しくナイーブ。
ある程度の年齢がいくと、そういうのをカッコイイとは思えなくなってくるんですけどね〜。
でも、演じるのがマットだからさ、許すよ!(笑;)


factotum-1.JPG

ということで・・・
リリ・テイラーと歩く街中で、マットが痛いと言う彼女のハイヒールを脱がし、自分の靴と取替え、歩くシーン・・。
リリ・テイラーのマットに施すとんでもない包帯技!

これだけでも観た価値が・・・・うぐぐ・・・わーい(嬉しい顔)ふらふら(笑;)


posted by ラクサナ at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 9月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。