2007年10月26日

パンズ・ラビリンス

Pan's Labyrinth.JPGダーク・ホラーや『ブレイド2』『ヘルボーイ』(続編期待!^^)など妙味溢れる作品で、ちょっとご贔屓なギルレモ・デル・トロ監督の描く、スペインの内戦を背景にした恐ろしくも哀しく美しいダーク・ファンタジー。人影

スペイン内戦のその残酷なまでの影響と、試練に立ち向かわざるを得ない子どもを主人公にしたという共通点があるデル・トロ監督作では『デビルス・バックボーン』というスペイン・ホラーモバQの作品がありました。

今回はその前作を踏まえて・・・
更に過酷な世情とファンタジーという状況を、1人の少女を主人公として表現された作品として、ダークな中にも美しさと哀しみを称えた物語。
それには心を揺さぶられましたねぇ。

ファンタジーというジャンルが氾濫する映画作品の中で、ちょっとそのジャンルの位置づけを考えさせられるような・・・
ただ魔法がかった愛と勇気の美しく可愛い冒険物語なのかと思って観ると、頭をガツンと何度もなぐられた気がします・・・。もうやだ〜(悲しい顔)



posted by ラクサナ at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2007年 10月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

【映画】パンズ・ラビリンス
Excerpt: 2006年 スペイン 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 出演 イバナ・バケロ セルジ・ロペス  鑑賞@島根県民会館 タイトルの意味は「パン(牧羊神)の迷宮」。 時代は1944年内戦中のスペインで..
Weblog: しづのをだまき
Tracked: 2008-05-18 00:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。