2007年10月30日

君の涙 ドナウに流れ ハンガリー1956

kiminonamida.JPG

試写会にて鑑賞。

1956年、ソ連の支配下にあったハンガリーの動乱と、その数週間後のオリンピックで起きた水球競技での“メルボルンの流血戦”。
学生運動に身を投じるヴィキという女子学生と、水球のオリンピック選手カルチとの、哀しい世情を通して描かれる恋愛劇。

ハンガリーの失われた歴史を伝えるべく、万感の思いで作られたなかなか力の入った作品。
知らない歴史はまだまだある。。。もうやだ〜(悲しい顔)

ただ・・・私にはちょっと・・・失恋

ヴィキ役のカタ・ドボーに魅力を感じず、動乱の女闘志としてのスタンスも曖昧な気がして、そこへ持ってきての何だか無理矢理とってつけたような恋愛劇の展開が、どうにもハリウッド的メロドラマ仕立てで興ざめ。ふらふら
水球の試合のシーンなど素晴らしいのに・・・うーむ残念exclamation×2

posted by ラクサナ at 11:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2007年 10月映画鑑賞作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/63409761
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。