2005年09月30日

マシニスト

mo3153_f1.jpgimg01b.jpg

レンタルDVDにて鑑賞。

公開時、とにもかくにも話題になったクリスチャン・ベイル役作りの為の激痩せぶり。
これがやっぱり半端じゃなく・・・いきなりその姿と、色あせた映像が拍車をかけ、
音楽だってテルミン使用と、怖い怖い・・・・まるでホラーだ〜w
っと思ったら、これ映画ではロスの設定なんだけど、撮影はスペインのバルセロナ。製作もスペインホラーのあの『ダークネス』等を作った会社。
なるほど・・・スペインホラーの雰囲気が出てる出てる・・・モバQ

マシニスト(機械工)として働くトレバーは、365日眠れぬ日を送り、病的なまでに激痩せしていた。
そんな彼が職場でアイバンという不可解な男の姿を見た時、トレバーのミスから同僚に不運な事故が・・・。
しかし同僚や上司にアイバンの存在を否定され、トレバー自身の異様な容姿や言動から不信の目を向けられる。
そんな中、今度は危うく自分自身が事故に遭いそうになり、誰かが自分を陥れようとしているという強迫観念に襲われたトレバーは、アイバンとは誰なのか?自分に迫る陰謀とは?
また自宅の冷蔵庫にいつのまにか貼ってあるハングマンゲームが書かれたメモの謎とは?
心身ともに衰弱する中、真相を探ろうとするトレバーだが・・・・

これが以前観た予告からの印象と違うんだな〜!
不眠症の激痩せ男が、毎日眠れなくてフラフラになって、ベッドで息も絶え絶えの話かと思ってたら、冒頭この激痩せトレバー君は、ちゃんとお仕事にも行って、ちょっとしたジョークも飛ばすし、馴染みの娼婦もいるし、その体で・・・(笑;)
しかしながら・・・いろいろな謎がトレバーに襲い掛かる訳で、それが妄想なのか何なのか・・・ハングマンゲームのメモに始まって、いろいろな謎を解きそうな手がかりが出てくる出てくる・・・
ただ、この薄気味悪い世界観に呑み込まれてしまい・・・というか結構魅せられてしまい・・・考えることも放棄!?(笑)
ってことで、もしかしたら不条理なラストなんじゃないかと中盤辺りで覚悟を決めかけそうになると・・・おっとどっこい・・・このラスト!
哀しくて、身に詰まる思い、しか〜し何故だか気持ちは救われて・・・観ているコチラも妄想から覚めるエンディング。目
衝撃的というよりも大納得!!!の一品であった。いや面白かった〜〜〜exclamation手(チョキ)

しかしながら、このクリスチャンダイエットは真似すると命取りですね〜。
レンタルDVDの特典映像でのインタビュー等によると、
クリスチャン君、なんと4ヶ月で30kg.減のダイエット方法は、
ただひたすら食べなかったそう・・・あわわわがく〜(落胆した顔)
そして撮影終了から2ヵ月で、30kg.を戻したそうな。
しかもこの作品では、ちょっと太めとも思えるクリスチャン君の姿を、
ちゃんと目にすることもできるのだが、これが痩せてるシーンを撮り終えてから3ヶ月目の姿だそうで・・・()~,~(;)ヾ
なんだそれ!?死ぬし・・・(爆;)
どうやら撮影以外はホテルで寝てばかりだったらしいけど、
実際、観ていて、あの体でよくあれだけ動けるな〜っと!
最初はCG等で撮るつもりの監督は、「私が痩せろと言った訳では絶対ないので、
クリスチャンには感服した」としきりに言ってましたけどね・・・。(^^;
で、その後にあの『バットマン・ビギンズ』の撮影に入った訳ですね〜。(凄)
クリスチャン君、演技も上手いし、役者魂も凄くて、大好きなんだけど、
もうこんなんは止めて、長生きして下さい。m(__)m

そういえばこのブラッド・アンダーソン監督、前作『セッション9』で、
お話はイマイチのホラーでも地味ながら独特の雰囲気を出してましたが・・・
きゃ、この人は、あの素敵なラブストーリー『ワンダーランド駅で』も、撮ってるのね!
ん〜〜〜やっぱり変な人。ドコモ提供
次は是非ボサノバの流れるラブストーリー所望!m(__)m






posted by ラクサナ at 09:35 | Comment(4) | TrackBack(3) | 2005年ビデオ&DVD鑑賞作品
この記事へのコメント
映画館で鑑賞いたしました。
不眠の理由は冒頭や時計のヒントでなんとな〜く予想できるし、アイバンの正体も半分はやっぱりって感じてした。
でも、話の構成はよくできてるなあって思いました。
冷蔵庫のメモに書き込むアルファベットもよかったですね。

この映画の公開が先だったので、バットマンですっかりマツチョなっているボディを拝見した時、役者魂に恐れ入りましたって感じです。
Posted by MACHI at 2005年09月30日 14:58
>MACHIさん
私もクリスチャン・ベールがこれだけのダイエットをした意味が判る内容でした。正直、観た直後より後になって段々とその気持ちを深める内容でしたね。も一度観たい気が・・・
私はルート666のオバケ屋敷ライドがお気に入り。最も自分の・・・だったら怖すぎですが・・・(^^;
Posted by ラクサナ at 2005年10月01日 10:43
役のために痩せたり太ったり・・・というのは聞きますが、ここまで痩せた人もいないでしょう!
クリスチャン・ベイルの痩せっぷりも見事ですが、内容もなかなか濃くて、面白い作品でした。
私も主人公のラストの行動には救われた想いがして、意外に後味のよい映画となりました。

それにしても、一食抜いても辛いのに絶食だなんて・・・信じられない(ーー;)
Posted by junko at 2006年01月24日 14:19
junkoさん、これはなかなか面白かったですよね。
しかし30kgっていうと小学4〜5年生の平均体重なんですよね。元々かなりのオーバーウエイトの人ならともかく、それが減ったり増えたり・・・って!?(;_;)
太陽の帝国のアノ子が、こんな俳優魂炸裂の大人になろうとは!(~_~;)
Posted by ラクサナ at 2006年01月24日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

絵文字
この記事へのトラックバック

マシニスト 評価額・800円
Excerpt: ●マシニストをDVDにて鑑賞。 工場で平凡な機械工(マシニスト)として働くトレバ
Weblog: Blog・キネマ文化論
Tracked: 2005-10-03 23:49

マシニスト
Excerpt: いかれたオトコの奇行を延々と見せられる。 45分過ぎたあたりでもうイライラムカムカしてきた。 さらに1時間苦行は続く。 とくにたいした落ちもなく終了(いやな予感はしていたけれど)。
Weblog: tosiブロ 物欲優等生
Tracked: 2005-10-05 12:30

[映画]マシニスト
Excerpt: クリスチャン・ベイルのこの見事な痩せっぷり!メイキングでは「絶食中」だと言ってました。彼の役者根性に拍手です。 主人公は1年間も原因不明の不眠症で眠れず、痩せていく。彼の周囲では不可解なことが起こり始..
Weblog: Midnight Plus One
Tracked: 2006-01-24 14:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。