2006年11月18日

ERIC CLAPTON Japan Tour 2006 in Nagoya 

Eric Clapton2006.jpg
さて、3年ぶりのクラプトンでっするんるん
Eric Clapton2006-5.jpg今回は、トリプルギター編成でのブルースセッションexclamation&question
ドイル・ブラムホールIIとデュアン・オールドマンの再来とか言われているデレク・トラックスのギターもかなり凄い!
それでも御馴染みのレイラ、コカイン、ワンダフル・・もあり。
アンコールが“クロスロード”一曲で、ちょい物足りなかったけれど・・・
エレキ→アコギ→エレキと、とことんギタープレイ&ブルースを楽しませてもらいました。

続きを読む
posted by ラクサナ at 23:23 | Comment(5) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年10月10日

ドラV万歳!

doraV2006.jpg

球団70周年を飾るってことで、おめでとう!

いやいや延長戦で、なかなか大変な試合でしたが・・・
やりました!
落合監督の涙に貰い泣き!もうやだ〜(悲しい顔)
監督のどごつい指輪にドン引き!? 笑;

明日は買い物に行かねばなるまいて!わーい(嬉しい顔)手(チョキ)

続きを読む
posted by ラクサナ at 22:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年07月01日

上半期映画鑑賞作品

今年も早いもので・・・もう後半になってしまいました。
試写会での鑑賞数がメッキリ減った割には・・
まぁまぁ、案外観てるかもの・・上半期劇場鑑賞総数47本(^^;
(うち試写会8本、邦画5本)

ワールドカップや、不穏な社会情勢のタメ、早朝から寝不足で興奮したり、引きまくったり・・ポテポテになった脳みそにて、今年の上半期劇場鑑賞私的BSETを考えてみました。

 クラッシュ   
 ホテル・ルワンダ
 僕の大事なコレクション
 愛より強く
 ぼくを葬る 
 グッドナイト&グッドラック 
 白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の5日間
 ナイロビの蜂
 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
 歓びを歌にのせて


映画としての面白みから「クラッシュ」がトップを飾りましたが、
「ホテル・ルワンダ」は近年稀にみる私的大泣き作品で一生心に残りそう。
「愛より強く」は、ラブストーリーとして重さも切なさも秀逸。
個性的で好きな作品を並べてみましたが、
割と深刻な内容の作品が多いのが、何と言うか・・。
下半期はSFやコメディに健闘して欲しいですな。かわいい

邦画は鑑賞数が少ないけれど、選りすぐって観た為か、どれもなかなかの秀作。
一年通してBESTを決めてみたいと思いまする。^^


そして、もう一度見た日にゃ上がっくるかもしれないぞ!
ってな次点作品は以下の通り・・↓


 ブロークン・フラワーズ
 燈台守の恋
 アメリカ、家族のいる風景 
 ブローク・バック・マウンテン 
 ヒストリー・オブ・ヴァイオレンス
 リトル・イタリーの恋 
 シリアナ
 インサイド・マン 
 家の鍵 
 タブロイド



そして・・・上半期劇場鑑賞全作品&思いつきの一言
posted by ラクサナ at 17:49 | Comment(19) | TrackBack(3) | 2006年日記

2006年05月26日

ジム・トンプソンと映画への思い!?

Jim Thopmson-1.jpgプレゼント楽しいバンコクツアーのしめは、やっぱりお土産かな?
ってことで、ベタだけど最終日はだいたいのバンコクへ来た日本人、欧米人達が立ち寄るタイ・シルクの有名店“ジム・トンプソン”。本店はスカイトレインのサラ・ディーン駅の側。
ゴージャスな店内には、服装小物からインテリアグッズに至るまで、クオリティーの高いシルクの製品がイッパイ!
旅行最終日、残り少なくなってきたバーツのことなど気にもせず、マダムたちのお財布ならぬカードの紐も緩むってものです。(笑;)まぁ5000バーツ超えれば、VAT(付加価値税=日本の消費税)7%を返してくれますしね!って言い訳か?^^;

ジム・トンプソンの家と映画へ続く・・・
posted by ラクサナ at 11:11 | Comment(6) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年05月25日

暴飲暴食ツアー番外編!?

ではバンコクの“食す”以外のお話ということで!わーい(嬉しい顔)

IMG_3185_edited.JPG

5月の半ば過ぎということで、バンコクはボチボチ雨季に入っているらしく、蒸し暑いけれど雨が降ると案外気温も下がり、とにかく建物や車に入ると、エアコンがバンバン効いているのでちょっと寒い!
意外にも長袖のセーターやジャケットが欠かせない旅でした。

そんな中での、ゴルフやワット・プラ・ケオ(王宮)、有馬温泉について!^^

続きを読む
posted by ラクサナ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年05月24日

アーロイなバンコク食い倒れ日記

IMG_3208_edited.JPGそんな訳でバンコク食い倒れ記録ですが・・・

今回のバンコクツアーは、参加者18名のうちリピーターが何人もおりまして、第一の目的である「食す」に関しては、4nightのお店を既に予約済み。

現地での基本ルールは、
@滞在中の晩飯(4回)は、みんなで食べる。
A昼間は、何処に行こうが勝手。
B自分の持ち物と自分の命は、自分で責任を持つ。


となっておりましたが・・・自分の命ってアナタ・・・がく〜(落胆した顔)
お腹の責任しか持てないわョ!(笑)

そういえばアクシデントとしては・・・
ウチの旦那が、出発前夜から歯痛が始まる・・・。
それでもメゲナイ暴飲暴食ツアー!?いいのか?(汗;)
出発直前のタイ航空機が2時間以上遅れて、搭乗口でスタバのビールとワインで既に酩酊状態。バー

そんなこんなもありましたが晴れて・・・・
軽〜く雨季状態(誰が雨女&雨男やねん?汗;)に入ったバンコクへと降り立ったのでした・・・。
何かタイ辺りでも日本と同じく、季節が少し早まっているというかオカシイんでしょうかね。

暴飲暴食な続きを読む(汗;)
posted by ラクサナ at 17:04 | Comment(8) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年05月23日

サワディーカ〜♪

IMG_3171_edited.JPGlogo13sawadi.gif

皆様、サワディーカ〜!
こんにちはexclamation
昨日、バンコク暴飲暴食ツアーから帰って来ました。
3泊5日のツアーでしたが、朝昼晩、ディナーは4回、タイメシ食いっぱなし!
いやいや、本当にに美味しかったるんるん


IMG_3198_edited.JPG

で、只今の状態は、涅槃で寝て待つお釈迦様状態exclamation&question美味しい日記はまた後ほど・・・パクチ〜(^o^;ヾ



posted by ラクサナ at 11:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年05月17日

明日は・・・

カンヌ映画祭のオープニングで、いよいよ『ダヴィンチ・コード』がお披露目しますね。
しかし、一日早い今日のカンヌではジャーナリストや批評家向け上映で、何だか評判が悪そうですな。
まぁ余計な前評判は気にせず、この大作は何と言われようと観るつもりですが・・・
失笑というのはイケマセンな。せめて苦笑にして下さい。(笑;)

rainbow-plumeria.jpgで、観たい映画も数あるのですが、そんな映画鑑賞の合間に・・(^^;
明日から、ちょっとバンコクへ暴飲暴食ツアーに行って参ります。
行こう行こうと言ってるうちに、仲間内総勢18名のツアーになっちゃいましたが、物見遊山の旅ではありません!パンチ(キッパリ)
お腹を空かす為に、ちょっとゴルフとアユタヤ観光、スパ、タイ式マーッサージぐらいはしてくるつもりですが、ただひたすら食すを目的に頑張ってきたいと思います。(笑;)
来週には帰って、また映画鑑賞に励みたいと思いますので、
          どうかヨロシク!手(パー)わーい(嬉しい顔)


posted by ラクサナ at 19:25 | Comment(4) | TrackBack(1) | 2006年日記

2006年04月05日

A Bigger Bang World Tour In Nagoya Dome

The Rolling Stones.jpg

The Rolling Stones 3.jpg

The Rolling Stones 2.jpg
行って参りました〜ザ・ローリングストーンズ!
日本では最終日となったナゴヤドームでのライブ♪
このワールドツアーのタイトルは、ストーンズ8年ぶりのニューアルバムとなった“ア・ビガー・バン / A Bigger Bang"からのネーミング。
タイトル通り、最も大きな爆発音が鳴り響くような、ほりゃまぁ見事なライブでした!

いや〜絶対次のツアーもありでしょうね〜!



至高のステージと元気をThanks!
posted by ラクサナ at 11:45 | Comment(7) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年03月06日

第78回アカデミー賞授賞式たれ流し鑑賞日記♪

Oscars!.jpg
いよいよ始まりますね〜!
今日は朝からコチラは雨模様でお洗濯もままならず、かえってイイ感じ。(笑;)
昨夜のうちにヤッツケタ仕事もファイルで送ったし・・・
コーヒーも淹れたし、ランチ用のカップ麺も準備万端!
後はオスカー観戦あるのみです。わーい(嬉しい顔)

カラオケ今回の司会は、ジョン・スチュワート。
スチュワートはケーブル局コメディ・セントラルで毎晩放送中の風刺番組「デイリー・ショー」の司会を務めている「もっとも信頼できる“偽”ニュース番組の顔」なのだそうだが、確かSNL出身でしたっけ・・・映画の出演作では「パラサイト」「マイ・ハート、マイ・ラブ」「ビッグ・ダディ」「ジェイ&サイレント・ボブ 帝国への逆襲」「デス・トゥ・ムーチ」などなど結構コメディタレントにしては端正なお顔のオッサンでもあります。何言うか楽しみですね〜!^^;

カラオケおっと早速レッドカーペットでのインタヴューが始まってますけど・・・
キーラ・ナイトレイ、ちょっと太ったかな・・
キアヌ&サンドラ・ブロックの「スピード、ツーショット!」サンドラさんチークが濃過ぎ!?(笑;)あっとこの二人ラブストーリーやるんだっけ???
ジェニファー・アニストン、ドレスはいいけど髪の毛何とかしようね。がく〜(落胆した顔)
どつこい!リース&ライアン夫婦。なんか凄い貫禄!?
レイチェル・ワイズ、黒のドレスですね・・・無理して着てた風のGG賞の時より良いかも。
ゴールドの?肌と同系色に見えるぞ・・ジェシカ・アルバのヴェルサーチぴかぴか(新しい)

次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有次項有

目さていよいよ・・・始まるよ!
続きを読む
posted by ラクサナ at 09:59 | Comment(11) | TrackBack(4) | 2006年日記

2006年03月03日

ジャック・ワイルド死去

JACK WILD .jpg英国のPA通信によると、ジャック・ワイルド3月1日に口腔ガンの為に死去。
享年53歳。
今朝『オリバー・ツイスト』の記事へ頂いたコメントで知りました。
ポランスキー版を話題にする時、やはりどなたもマーク・レスター&ジャック・ワイルド版の『オリバー!』を懐かしく想い出されるようで、未見の私は録画したその作品を観るのを楽しみにしていたのですが・・・・若すぎる死にショックです。

JACK WILD 2_edited.jpgジャック・ワイルドというと、やはり少年期の作品『小さな恋のメロディ』が非常に印象深いのですが・・・
『ロビン・フッド』以来お目にかかっていないと思っていたけど、『バジル』(1998)にも出演していたんですね。
俳優活動も続けていたようで、また大人の映画俳優として会えるのを楽しみにしていたのに、本当に残念です。

心からご冥福をお祈りいたします。


ジャック・ワイルド
主な出演作品

BASIL.jpgrobinhood.jpgJACK WILDPied Piper .jpgバジル(1998)
ロビン・フッド(1991)
別れのクリスマス(1973)
小さな恋のメロディ(1971)
小さな冒険者(1971)
ハメルンの笛吹き(1971)
怪獣島の大冒険<未>(1970)
オリバー!(1968)
posted by ラクサナ at 09:44 | Comment(6) | TrackBack(2) | 2006年日記

2006年02月11日

『ブラック・セプテンバー 五輪テロの真実』放送予定

One Day.jpgBlackSEPTEMBER.bmp

スピルバーグの『ミュンヘン』で描かれたミュンヘン五輪選手村襲撃事件を、現在唯一のテロ犯の生存者であるジャマール・アル・ガーシー(事件当時18歳)の史上初のインタビューに、オリンピックの映像を取り混ぜた当時の事件の映像。
『運命を分けたザイル』のケヴィン・マクドナルド監督作。
ナレーターはマイケル・ダグラス。
1999年のアカデミー賞最優秀ドキュメンタリーにも輝いたこの『ブラック・セプテンバー 五輪テロの真実』の放映がWOWOWで2月16日(木)にあります。
確か、このテロの襲撃事件の失態は、開催国であるドイツ側の対応のまずさも重大な原因の一つであるとか・・・。
そこら辺り、映画『ミュンヘン』では描ききれなかった真実を、このドキュメンタリー映画により知ることができるかもしれません。
現時点ではビデオ&DVD等は発売されていないようなんで、これは必見かも。パンチ
是非この機会に映画『ミュンヘン』と合わせて鑑賞してみたいもんですよねexclamation&question
posted by ラクサナ at 15:06 | Comment(4) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年02月04日

映画賞ヨモヤマ話2

GG2006_edited.jpg

BS2で放送されたGG賞。
やはりなかなか面白かったですね。
権威ある賞でありながらアカデミーの前哨戦とも言われますが、
緊張の中、アカデミーの授賞式よりリラックスした飲み会的会場の雰囲気に、各席に着く俳優たちの表情も楽しげ。
ドラマ部門もある為に、普段お目にかかれないセレブの顔も数多。

女優たちのファッションも楽しみの一つですが、
今年は何となく肉弾戦的にフクヨカな肢体のドレス姿が目立ったような気がしました。
まぁ進行のクウィーン・ラティファはさることながら、プレゼンターのマライア・キャリーに至っては、ラティファと相撲をとっても良さげ?ドヌーブさんんも貫禄あり過ぎ!?
そんな中、オメデタのレイチェル・ワイズ&グウィネス・パルトロウ。
なんかお顔が益々キツクなったレイチェルは男の子?益々柔らかくなったグウィネスは、又アップルちゃんに続いて女の子?今度はオレンジちゃん?(嘘;)(当たったら何かおくれ!笑;)

GGMariah.jpgGGDeneuve.jpgGGRachel.jpgGGGwyneth.jpg

受賞スピーチでのお気に入りは、ドツコイ大統領、貫禄で大嘘をこくのジーナ・ディヴィス!
「アタチも大きくなったら大統領になりたぁ〜い♪」(笑)
アジアのオバちゃんの喜び愛嬌フリまくりのサンドラ・オー♪
こっちまでソワソワドキドキしちゃいましたw。


GGGeena.jpgGGSandoraOh.jpg

ベストなカップルとしては内助の功を発揮してテンション上がってたライアン・フィリップにリースたん。いいじゃないのシャネルのドレスが使いまわしだって・・・!がく〜(落胆した顔)
奥ちゃんフェリシティ・ホフマンの受賞に涙ぐむウィリアム・H・メイシーが可愛い。
んで、どこの中年ロッカーかと思ったケヴィン・ベーコンとキラ・セジウィック。渋カッコイイ!


GGRyanReese.jpgGGWilliamFelicity.jpgGGKevinKyra.jpg

しかしてセシル・B・デミル賞のホプキンスと奥さんのステラ・アロヤーブさん、この人、女優さんかと思ったら古美術商なんですってね。さすがホプキンス爺!
メラニー&ダコタ母娘の姿に微笑むドン・ジョンソンが老けたぁ〜w。
独り者のシリアナ・クルーニーとチャン・ツィイーたんは、席でハシャギスギ。
ホアキン・フェニックスはシャイ過ぎ!

GGAnthonyStella.jpgGGMelanieDakotaJonson.jpgGGDhon.jpg

っとまぁ、たくさんある賞のことは忘れちゃって(^^;そんなこんなが面白かったGG賞でした。

ところでこの↓お二人は、何話してるんでしょうね〜?
気になります。。。。(笑;)

GG2.jpg



続きを読む
posted by ラクサナ at 10:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年02月01日

映画賞ヨモヤマ話

さてゴールデン・グローブ賞も決まり、いろいろな映画賞の発表と、
いよいよアカデミー賞の呼び声も聞こえてくる今日この頃・・・
なんて書いていたら、とっくにノミネートも発表されちゃいましたね。(^^;

今年のオスカー授賞式は、3月6日(月)AM8:50からWOWOWで生中継です。
楽しみではありますが、例年通り当然のことながら観てない作品多し。

アン・リー監督作の『ブロークバック・マウンテン』が8部門でノミネートされてますが、
これトレーラーで、あのヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールの激KISSシーン見ただけでも・・・ウワァ〜モワァ〜モォエ〜っとディープそうであります。exclamation×2キスマークジェイク君によると「喧嘩のシーンより痛かった!」だそう。ひぇ!がく〜(落胆した顔)
この作品の音楽賞で、またグスターボ・サンタオラヤがノミネートされているのも見逃せませんるんるんアン・リー監督作では、同じくゲイの関係を描いた『ウェディング・バンケット』があるのですが、ビデオ&DVD化してないみたいですね・・・どっかでやってくれないかしら?
BROKEBACK MOUNTAIN.jpg

また主演男優賞に『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、
助演男優賞に『シンデレラマン』のポール・ジアマッティがノミネートされているのも嬉しい悲鳴!ドコモ提供おまけに『クラッシュ』のマット・ディロン!揺れるハート

Capote.jpgPaulGiamat_Grani_.jpgCrash.jpg



でもフィリップ・シーモアの公開作は、どうやら『M:I=3』のが早くなりそうな予感。
この予告では、トムちんよりも目立ってるフィリップたんに目が釘付け!?

そんな中、例年通りアカデミーの24時間前に発表される最悪映画ラジー賞のノミネートも発表されましたさね!

最低映画賞
   『マスク2』
   『デュース・ビガロウ、ヨーロピアン・ジゴロ』(原題)
   『蝋人形の館』
   『ザ・デュークス・オブ・ハザード』(原題)
   『ダーティ・ラブ』(原題)

最低主演男優賞
   ジェイミー・ケネディ『マスク2』
   トム・クルーズ『宇宙戦争』
   ウィル・フェレル『奥さまは魔女』 『ペナルティ・パパ』
   ザ・ロック『DOOM ドゥーム』
   ロブ・シュナイダー『デュース・ビガロウ、ヨーロピアン・ジゴロ』(原題)

最低主演女優賞
   ジェシカ・アルバ『ファンタスティック4』 『イントゥ・ザ・ブルー』
   ヒラリー・ダフ『チーパー・バイ・ザ・ダズン2』(原題)『ザ・パーフェクト・マ    ン』(原題)
   ジェニファー・ロペス『モンスター・イン・ロー』(原題)
   タラ・リード『アローン・イン・ザ・ダーク』
   ジェニー・マカーシー『ダーティ・ラブ』

最低助演男優賞
   アラン・カミング『マスク2』
   ボブ・ホスキンズ『マスク2』
   ヘイデン・クリステンセン『スター・ウォーズ エピソードIII:シスの復讐』
   他

最低助演女優賞
   パリス・ヒルトン『蝋人形の館』
   ケイティ・ホームズ『バットマン・ビギンズ』
   ジェシカ・シンプソン『ザ・デュークス・オブ・ハザード』(原題)
   他

最低スクリーン・カップル賞
   ジェイミー・ケンディ&共演者だれでも『マスク2』
   ウィル・フェレル&ニコール・キッドマン『奥さまは魔女』
   他

最低監督賞
   ローレンス・ガターマン『マスク2』
   ノーラ・エフロン『奥さまは魔女』
   他

最低リメイク・続編賞
   『マスク2』
   『奥さまは魔女』
   『蝋人形の館』
   他

最もうんざりするタブロイド・ターゲット
   トム・クルーズ
   パリス・ヒルトン
   ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーライン(Mr. & Mrs.ブリトニー)
   シンプソン一家(ジェシカ、アシュレー、ニック・ラシェイ)


“最もうんざりするタブロイド・ターゲット”ってのが今回お初のようで。
どうやらトムちんの為に新設された賞みたいで。
じゃ他の、のみにぃ〜者は刺身のつま!?
してトムちんとケイティのカップル受賞も楽しみデスが・・
あれ?SWのEP3シスの復讐のヘイデン君って助演なの?んじゃアノ映画の主演って誰やねん?
ぎゃロブ・シュナイダー!トムちんと争ってる!?
「Deuce Bigalow: European Gigolo」なんて続編作ってたんだ!
やだ〜すげぇ観たい!!!でも未公開でしょうね〜。ふらふら
これの一作目、『デュース・ビガロウ/激安ジゴロ』は、My Favorite Fool Comedyぴかぴか(新しい)
観たいといえば、バート・レイノルズ御大のワースト助演賞のみにぃ〜の『ロンゲスト・ヤード』アダム・サンドラーのリメイク。これはラッパーのネリーもカメオ出演してるらしく、彼の曲のプロモに映画のシーンが入ってまして、なかなかよろしおす。

longest_3ninn.jpg

っとまぁそんな訳で・・・

ドサクサに紛れて今更ながら昨年の映画の私的総括をアップしてみようかと。思ったはいいが、私の場合、観た映画に☆付けるのも苦手だし、
これがベスト10とか決めるのも面倒なんで・・・
取りあえず私的ツボにはまった作品には、↓の「2005年劇場全鑑賞作品&思いつきの一言」にかわいいを付けさせて頂きました。結構な花盛り〜〜かわいい
そして、ツボにハマらなかった作品は、思いっきりパンチ入れてあります。

思いつきの一言も、考えるときフッと浮かんだ、かなり思いつきの一言で・・・あははわーい(嬉しい顔)たいした意味もなく、面白くもないのでゴメンナサイです。

後、ビデオ&DVD鑑賞作品でのツボ作品も思い出して考えるつもりではありますが・・・
それはまた後で・・・(やらないかもしれない・・爆;)手(パー)ドコモポイント

2005年劇場全鑑賞作品&思いつきの一言
posted by ラクサナ at 23:55 | Comment(12) | TrackBack(2) | 2006年日記

2006年01月25日

クリス・ペン急死

Chris Penn.jpg

米俳優のクリス・ペンが24日、ロスのアパートで遺体で発見されたそうだ。
1962年生まれの43歳。
ショック!!!
クリス・ペンといえば、ショーン・ペンの弟ととしても有名だけど、
彼自身もあのでっぷりした体と、ふっくらほっぺの童顔を生かし、いろんな作品で存在感ある性格俳優として活躍してましたよね。
「レザボアドッグス」以降マフィア系の役どころが目立ったけど、コメディでも良く見かけました。
つい最近も『スタスキー&ハッチ』や『ボブ・ディランの頭のなか』で見たばかり・・・。
でも私が一番好きなクリス・ペンは・・・揺れるハート
『キス★キス★バン★バン』でのババ役!
ステラン・スカルスガルトの愛すべき殺し屋を相手に、33歳の子供ババを彼でなければ演じられない無垢さで名演。ラストを想い出すと・・・泣けてきます・・・。もうやだ〜(悲しい顔)
兄のショーンも辛いでしょうね〜。
突然の死去の為、出演作もあと何作かあるようだけれど、日本公開が決まっているのは、ピアーズ・プロズナン主演の『ダイヤモンド・イン・パラダイス』。

ご冥福をお祈りします。


KissKissBangBang.jpgKISS KISS BANG BANG.jpg




posted by ラクサナ at 19:48 | Comment(7) | TrackBack(0) | 2006年日記

2006年01月04日

賀正

okagami.png

Happy New Year!

あけましておめでとうございました!emoji151.gif

本年も何卒よろしくお願い奉ります。ぴかぴか(新しい)

早いもので、もう三が日も過ぎましたが・・・
皆様はどのような初夢をご覧になったことでしょう。
ん、キングコング???
はたまた、芸妓姿であられもなくクィディッチの試合???目;
私の方はといえば・・・
いつまでもブログ更新ができなくって! あははは・・わーい(嬉しい顔);汗;
初夢もな〜んも覚えてないし! あひあひ・・ふらふら汗;




続きを読む
posted by ラクサナ at 22:13 | Comment(12) | TrackBack(0) | 2006年日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。