2006年12月19日

王の男

Wang-ui namja.JPGこれは文句なく面白かったです。
とにかく冒頭の主人公二人の大道芸、それだけでも凄いexclamationがく〜(落胆した顔)
そんな16世紀初頭の韓国の旅芸人二人の話から、当時の暴君ヨンサングン(燕山君)をめぐる王朝絵巻。
スケールの点ではそれ程の広がりは感じませんが・・・
これが又、3人の人となりが直情的に描かれていて判りやすく、エンタメ性にも富んでいて・・・
宮中での豪華な衣装や小物の数々、創作性豊かな物語と風刺芸の面白さ、本国で大ヒットを記録したのも頷けます。
製作人も新進気鋭の面々だとか・・・韓国の時代物にかける意欲って凄いんだな〜って思います。
そういえば・・・韓国へ行った時、いつもTVでは時代物のドラマをやってましたっけ。

続きを読む
posted by ラクサナ at 22:47 | Comment(10) | TrackBack(2) | 2006年 12月映画鑑賞作品

2006年12月13日

unknown アンノウン

Unknown.jpg
いや、なかなか評判どおり面白い設定の作品でした。

『SAW』を思わせる冒頭のお目覚めのシーン。晴れ
次には誰もが記憶を失っているという設定。
そして、自分は被害者なのか?加害者なのか?
男5人、生き残りをかけてのサバイバル・サスペンス。ダッシュ(走り出すさま)

ディセント程のショックは無いものの・・・(笑;)
心理サスペンスとして85分間、ちょっと強引なストーリーではありますが・・
ハラハラドキドキ、アレレレレ・・・っと楽しめました♪

ところでこの5人の中には、二人もJESUSがいるんですよね。
アーメン!がく〜(落胆した顔)



続きを読む
posted by ラクサナ at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 2006年 12月映画鑑賞作品

2006年12月09日

硫黄島からの手紙

Letters from IWOJIMA.jpg
硫黄島の戦いを、日米双方の視点で描く2部作の2作目。
米留学の経験を持ちながら、硫黄島での闘いにおいて、アメリカを最も苦しめたとされる栗林中将以下、不利な戦況の中で戦い続けた日本軍を描く作品。

観て参りました〜公開初日!
やはり戦争映画ではなく反戦映画として、深く心に沁みいる作品でした。

確かに居たあの硫黄島の人々の思いを・・・
国籍は関係なく、同じ人間として散っていた人々の思いを・・・
感じ入るイーストウッド作品でした。





続きを読む
posted by ラクサナ at 23:18 | Comment(14) | TrackBack(5) | 2006年 12月映画鑑賞作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。